リーダー研修を選ぶにあたっての注意点

あなたの問題を解決してくれる講座ですか?

研修に出たあと、理屈はわかるがどう実践したらいいのかわからないと思ったことはありませんか?

たとえば、モチベーションアップのためにコミュニケーションが大事だと教わり理解できたとして、では実際にどのような声かけがいいかわからない、といったことがありませんか。

具体的な行動のとり方を思いつかないアドバイスでは困ったものです。

====

L研リーダースクールの講習は、実践的な講義方法で具体的行動のヒントを与えます。

L研リーダースクールでは、人間の心を動かす実戦訓練が中心になっています。リーダーシップをつけるには、この感覚がないと進歩しません。そこを重点的に扱います。

それには、ほめる訓練を徹底して行っていただきます。

人をほめるのです。これを繰り返すと、だんだんリーダーシップとは何かが理解できてきます。

研修後のフォローをしてくれますか?

リーダーシップは、お話を聞けばすぐできるというわけにはいきません。実際に試して、失敗し、そのなかから覚えるというプロセスを通らないといけません。

なぜ、知識がうまくいかないのか。

将棋や囲碁で定石を習ってそれを実践したところ、かえって弱くなることがあります。相手が定石通りの手を打たないために、お手上げになってしまうからです。

定石の運用能力がまだ弱いためにそういうことがおきるわけですが、リーダーシップの講習も似たようなところがあります。

本やお話のとおりにはなかなかいかないものです。それは相手も違うし、職場環境も本とは異なるから。

そこで、リーダー研修で大事なのは、むしろ学んだ後の実践をフォローすることです。

そういうところをL研リーダースクールのリーダー研修ではしっかりやっていきます。

—————————————————————————————-

■リーダーシップ向上に関する参考書籍 

佐藤直曉著『リーダー感覚――人を指導する喜び』(鳥影社)

本書はL研リーダースクールの通信講座初等科Ⅰのメインテキストです。初等科Ⅰでは、人の心を動かす訓練としてほめる訓練を実践していただきます。この講座は、受講生に技術的アドバイスを行うとともに、受講生の成長を見守っていく実践型プログラムです。

立読みはこちらからどうぞ

 

—————————————————————————————

コミュニケーションスキルのなかで、最もベーシックで、応用範囲が広いスキルが、ほめる技術です。

ほめる技術を徹底的に行っていくのが、初等科Ⅰの講座です。L研リーダースクール初等科1