リーダーが人間関係を改善するには

人間関係を改善するノウハウはいたるところで見つけることができます。

しかし、リーダーとしてこれを改善しようとするならば、付け焼き刃のノウハウだけに頼っていては限界があると思います。

時間はかかるが、人間を見る眼をしっかりつけるしかありません。

人間を見る眼というといかにもあいまいですが、私は次の二つの条件を考えます。

  • 相手の行動が読めること(なぜそのような行動をするのか理解できること)
  • 相手の行動を改善するためにどのような手段をとればよいかがわかること

====

最初の項は、相手の行動基準がわかることです。どんな価値観から、現在の行動が引き起こされているかが理解できること。

二番目の項は、第一項に基づいて、相手の価値観に基づいたこちらの提案を行う、ということです。説得とは、相手の価値観にとってメリットがあることであり、こちらの価値観でどうのこうのといっても無理なのです

拙著『リーダーの人間行動学』の冒頭部分を提示します。

——————-

人間の価値観には10種類あります。そのどれを重視している人かを見極めると、リーダーシップが格段につきます。

コミュニケーションスキルと感受性の知識を併せ持つことが、これからのリーダーにとって、たしなみになるということです。

——————-

船が座礁してしまい、乗客は救命ボートに乗り移ろうとしました。ところが、人数が多すぎて、何人かは岸まで泳いでいかなければなりません。どうやって説得するか。

イギリス人には
「ジェントルマンらしく行動してくれ」

ドイツ人には
「船長の命令である」

イタリア人には
「君は飛び込むな」

アメリカ人には
「保険に入っているから大丈夫」

日本人には
「みなさん、泳いでいますよ」

傑作なジョークですよね。いつも笑ってしまいます。

しかし、これはなかなか含蓄のあるジョークでもあります。つまり、人間は何によって動かされるかということなんです。

結局、人間はすべて合理的に行動しているのです。ただ、その合理性が他の人と一致しないだけなのだと思います。

その合理性とは、結局のところ価値観といえます。何を大事にしているか、ということです。

イギリス人は社会的名声をとても大事にしている。

アメリカ人は経済的利益をとても重視しています。

日本人は、組織の中での調和を重視しています。

これは人間の価値観の類型です。日本人のなかにも、イギリス人的価値観やアメリカ人的価値観をもっている人が当然おります。

説得のためにコミュニケーションを行おうとするとき、相手の価値観をしっかり認識しないと、まるで外国語で話しかけるようなことになります。

——————————————

Banar seminar525

■佐藤直曉著『リーダーの人間行動学』
人間の行動基準パターンとその理論を簡単に紹介しながら、応用として、歴史上の人物の行動分析を行っています。歴史上の人物には極めて強い個性をもっている人が多く、そのため特徴がはっきりでやすく、人間分析が比較的容易です。したがって、勉強材料としてとてもよいのです。

扱っている人物は、南極探検家スコット、乃木希典、空海と最澄、ショパンとジョルジュサンドです。 いずれも、極めてユニークな個性の持ち主ですので、特徴がわかりやすく、理解しやすくなっています。

各人物には、それぞれ質問を用意してありますので、読者はそれを考えれば、一層人間分析の意味が理解できるでしょう。

リーダーの人間行動学
立読み:こちらからどうぞ

■感受性メルマガ メルマガで感受性を解説しています。申し込みはこちら

5月セミナーのお知らせ

久しぶりにセミナーを開催しようかと思い立ちました。人間行動学の解説を行うつもりです。

特に感受性分析について解説いたします。いろいろ知っていると、コミュニケーションや人間関係づくりにたいへん役にたちます。

人間の価値観には10種類あります。そのどれを重視している人かを見極めると、リーダーシップが格段につきます。

コミュニケーションスキルと感受性の知識を併せ持つことが、これからのリーダーにとって、たしなみになるということです。

Banar seminar525

====

 

 

 

 

 

拙著『リーダーの人間行動学』からトピックをもってきましょう。

船が座礁してしまい、乗客は救命ボートに乗り移ろうとしました。ところが、人数が多すぎて、何人かは岸まで泳いでいかなければなりません。どうやって説得するか。

イギリス人には
「ジェントルマンらしく行動してくれ」

ドイツ人には
「船長の命令である」

イタリア人には
「君は飛び込むな」

アメリカ人には
「保険に入っているから大丈夫」

日本人には
「みなさん、泳いでいますよ」

————————

傑作なジョークですよね。いつも笑ってしまいます。

しかし、これはなかなか含蓄のあるジョークでもあります。つまり、人間は何によって動かされるかということなんです。

結局、人間はすべて合理的に行動しているのです。ただ、その合理性が他の人と一致しないだけなのだと思います。

その合理性とは、結局のところ価値観といえます。何を大事にしているか、ということです。

イギリス人は社会的名声をとても大事にしている。

アメリカ人は経済的利益をとても重視しています。

日本人は、組織の中での調和を重視しています。

これは人間の価値観の類型です。ですから、日本人のなかにも、イギリス人的価値観やアメリカ人的価値観をもっている人が当然おります。

ですから、説得のためにコミュニケーションを行おうとするとき、相手の価値観をしっかり認識しないと、まるで外国語で話しかけるようなことになりますね。

——————————————

■関連資料:佐藤直曉著『リーダーの人間行動学』
人間の行動基準パターンとその理論を簡単に紹介しながら、応用として、歴史上の人物の行動分析を行っています。歴史上の人物には極めて強い個性をもっている人が多く、そのため特徴がはっきりでやすく、人間分析が比較的容易です。したがって、勉強材料としてとてもよいのです。

扱っている人物は、南極探検家スコット、乃木希典、空海と最澄、ショパンとジョルジュサンドです。 いずれも、極めてユニークな個性の持ち主ですので、特徴がわかりやすく、理解しやすくなっています。

各人物には、それぞれ質問を用意してありますので、読者はそれを考えれば、一層人間分析の意味が理解できるでしょう。

リーダーの人間分析講座,コミュニケーション力をつける-リーダーの人間行動学

立読み:こちらからどうぞ

■感受性メルマガ メルマガで感受性を解説しています。申し込みはこちら

チームマネジメントは人間行動学で行う

チームマネジメントというとマネジメントのスキルが大事なように思われるかもしれません。しかしそれだけでは実は難しいものです。もっと人間的な側面を考慮しないといけないでしょう。

====

たとえば、あるプロジェクトをおこすとします。

工場の工程改善問題を考えてみましょうか。

プロジェクトを進めるためにいろいろな手法がありますので、それをどう進めるか、つまりHOWについては、担当者はよく知っているでしょう。

ところが、スキルだけでは組織は動かないものです。

プロジェクトの成功条件としては最低こういうものが必要でしょう。

  1. そのプロジェクトを支持しているトップがいること。人材や資金を得るにはそういうリーダーの支持が不可欠です。
  2. 現場の人の支持があること。

現場の人の支持を得ること一つとっても、実際にははたいへんです。

なぜならば、たいていのシチュエーションでは、現場の人はよけいな仕事が増えていやだったり、成功できるか疑心暗鬼だったり、いまのやり方を変えたくないと考えたりしがちだからです。

ほかにも、変化への抵抗理由は様々あるでしょう。

これをうまくクリアするためには、信頼をえることが第一です。

信頼をえるためには、このブログで紹介しているコミュニケーションスキルも必要です。しかし、それだけでは難しいでしょう。

正確にいえば、可能です。ただ、コミュニケーションスキルを組織に適用するすべを知らなければなりません。

いちばん大事なのは、チームメンバーのプロジェクトに対する成功確信感を高めるスキルです。

そして、それは実際にプロジェクトがうまくスタートすることからしか得られません。

それを可能にするのは、やはり人間心理や行動をよく考えてチームを導くプランとスキルが必要になります。

要するに、人間の行動をよく理解してチーム運営を行うことなのです。

特に私が大事なのは、仕事の手順を決めること。

うまく仕事のステップをくんで、自信をもたせながらプロジェクトを遂行していくスキルです。

資料としては『暗示型戦略』をお薦めします。

これに関する紹介動画もありますのでごらんください。

まずは味方だと思われないといけない

あるイッシューに対して、自分と相手との関心度の違いがコミュニケーションの障害になることはよくあります。

たとえば、工場での生産工程で何か問題があったとき、それを解決しようとするエンジニアが、現場の人と話し合うとします。

そのとき、改善が必要であり、それを自分の問題だと考えている現場の人と、人ごとだと思っている現場の人とでは、コミュニケーションの進み具合が全然異なる。

====

問題意識というか、問題を所有している意識というか、そういうものがとても大きいのです。

ですから、まず当事者意識をもってもらわないといけない。

しかし、ただ「当事者意識を持て」と言っても、そうそう簡単にそんな都合良く動いてはくれません。

ではどうしたらいいか。

やはり、効果があるということを信じてもらわないといけません。それとこちらも信頼してもらわないといけない。

それには、相手の不満を聞いて、それを解決してあげるのがよいのです。

こうすると信頼されます。頼りになると思われるわけです。

本格的に仕事を始めるのはそれから。

まずは、いかに味方だと思ってもらえるように行動しないといけません。