ITエンジニアが求めるヒューマンスキルをつけるL研リーダー講座

ITエンジニアが求めているビジネス能力とはどのようなものでしょうか。

やや古い調査データですが、@IT自分戦略研究所とJOB@ITが実施した読者調査(調査期間2009年11月5日~11月16日、集計サンプル数764件)をご紹介しましょう。

引用:読者調査結果:IT技術者の2人に1人が欲しがる「リーダーシップ」 (1/2) – ITmedia キャリア

「ビジネス・ヒューマンスキル」カテゴリにおいて、身に付けたいスキル1位は「リーダーシップ・コーチング」スキル(51.6%)。

僅差で「プロジェクトマネジメント」(50.3%)が続き、去年1位だった「英語」は3位だった。

2人に1人が「リーダーシップ・コーチング」「プロジェクトマネジメント」スキルを獲得したいと考えている一方で、「現在身に付けている」と回答した人は、20%台にとどまっている (図2:「ビジネス・ヒューマンスキル」保有状況)。

スクリーンショット 2013 06 24 18 07 46

====

リーダーシップとかコーチングが上位に来るということは、ITエンジニアとして成長していく過程で、チームリーダーとしての仕事が重要になるということを多くの人が感じているということでしょう。

現在L研リーダースクールでは、コミュニケーションスキルと戦略思考の基礎能力をつけるための「技術リーダーのためのヒューマンスキル講座」がございます。

L研リーダースクールでは、リーダーシップやコミュニケーション・スキルについて、難しい理論を説明するつもりはまったくありません。

リーダーシップを身につけるのに、なにかすごいことをしなければいけないことはありません。やさしいことを淡々と積みかさねていけばよいのです。

ただ、合理的なメソッドを辛抱強く(といってもたかだか最短で9週間、長期間講座でも6ヶ月程度のこと)を行うことで、コミュニケーションスキルの核をつくることができます。

核さえ作れば、あとは雪だるまがだんだん成長するように、リーダーの感覚は成長していきます。

最初の核作りが少々たいへんなのです。そこをカウンセリングを含めて、サポートしていくのがL研リーダースクール方式です。

戦略思考については、戦略手法をお教えすることはいたしません。手法をいくら勉強しても問題を解く能力はつきません。

これには7時間あればよいのです。組織を扱う上での基本的な知識と感覚をまずつくるーーこれがL研リーダースクール方式です。ただし、それが身につくためには、実戦訓練が必要です。こちらはご自分で何年も辛抱強く行う必要があります。

この自己研鑽プロセスが勉強では一番大事なのは言うまでもありません。間違った方向に行かないように、L研リーダースクールではコンサルティングを行いがながら、受講生の進歩をサポートします。

 

詳細はエンジニアのためのヒューマンスキル講座

 

女性リーダーのためのコミュニケーション能力研修講座

女性リーダーの特徴を活かす専門の特別科を新設いたしました。

受講対象者は女性リーダーです(現在リーダーの方でなくても構いません)。

また、拙著『リーダーの人間行動学』に書かれている行動基準(感受性分析)の考え方にご賛同いただける方を受講対象としてしています。

このコースの目玉は、感受性分析を徹底的に学んで、コミュニケーションの現場で活かせるようにすることです。

そのために、動画とコンサルティングを組み込みんだセミオーダーメイドの女性専用講座としました。

徹底的にフォローします。

====

期間は6ヶ月で、前半の3ヵ月は高度なコミュニケーション能力を獲得するための基礎訓練を行います。

感受性分析の基礎的知識を習得するために、動画を毎週配信いたします。

後半の3ヶ月は、より高度なコミュニケーション能力獲得のための訓練をします。

ここでの課題は、欠点を指摘する技術、暗示技術、認める技術といった、高度のコミュニケーションスキルを相手の感受性を考えながら訓練します。

詳細はこちらです

 

 

上司と部下の価値観が合わないとき

リーダーと部下が気が合わなかったら最悪です。多くは価値観の違いだと思います。

病院の場合で考えてみましょう。

====

だいたい看護師長さんというのは、5種タイプが多いようなんです。

5種というのは、合理主義者、計算が優れている。割り切りがよい。

信長などは、この5種の超極端な人です。

小泉純一郎さんもこのタイプ。息子の進次郎さんもたぶんこのタイプでしょう。

現代的な感覚が優れている。

あまり太りません。行動的で、合理主義。あまり感情が出ない。

年功序列などは大嫌いですね。

とにかく、よいものはよい。義理人情関係ない。日頃のつきあいも、いざ決断となれば別。

アメリカ人のビジネスライクを思い浮かべれば、5種がどんなタイプかわかります。

この5種が上に立つと、効率、目標達成率、残業排除、など、とにかく効率一辺倒になります。

さて、一般的に、病院とか福祉施設に勤める人は、人のお世話をすることに生きがいを感じている人が多い。

特に、弱っている人を見ていると、ほおってはいけないといった感じの人がおります。

また、こういう人でないと、なかなかよい看護人にはなれない。

問題は、このタイプと5種の上司が意見が合わないこと。

だって、そうでしょう。上司は合理的に、時間内に多くの人を万遍なくケアすべきと考える。

ところが、下の方は、特に弱い人に時間を使いたい。勤務時間を超えても、心配で眼が話せないといった感じになります。

この価値観では、いつか正面衝突がやってきます。

リーダーとなったら、全部自分の価値観通りにやってしまうか、それとも多少は目をつぶって,部下の価値観をたてるか。

考えどころです。

しかし、自分の価値観が絶対正しいと思い込む人。あるいは、そもそも別の価値観があることなどわからない人となると、そういう発想にはなかなかなりません。

やはり、リーダーは価値観(感受性)を学ぶべきでしょう。

————-

セミナーのお知らせです。

L研リーダースクールでは、人間行動学のセミナーを6月29日(土曜)、午後1時半から4時まで東京銀座にて行います。費用は3000円です。

セミナーでは、人間分析についてご紹介していきたいと思っています。

拙著『リーダーの人間行動学』では感受性について簡単な説明にとどめておりますが、もう少し具体的なことをお話してみたいと思っております。

少人数制で、個人的なご相談にも応じるつもりです。ご興味のある方はぜひお出でください。

それから、地方の方にも同じ内容のものをお送りしたいと思い、テレビ会議方式(Google+ハングアウト)を使って、パソコン上でセミナーを開催してみようと思っています。

7月17日(水曜日)夜ですが19時から21時まで行う予定です。

→詳細はこちらにございます。

■佐藤直曉著『リーダーの人間行動学』
人間の行動基準パターンとその理論を簡単に紹介しながら、応用として、歴史上の人物の行動分析を行っています。歴史上の人物には極めて強い個性をもっている人が多く、そのため特徴がはっきりでやすく、人間分析が比較的容易です。したがって、勉強材料としてとてもよいのです。

扱っている人物は、南極探検家スコット、乃木希典、空海と最澄、ショパンとジョルジュサンドです。 いずれも、極めてユニークな個性の持ち主ですので、特徴がわかりやすく、理解しやすくなっています。

各人物には、それぞれ質問を用意してありますので、読者はそれを考えれば、一層人間分析の意味が理解できるでしょう。

リーダーの人間行動学
立読み:こちらからどうぞ

■感受性メルマガ メルマガで感受性を解説しています。申し込みはこちら