百のお説教は一の方法論にしかず

commu_120602

ある新任のリーダーは、新しい部署に来て、部下とのコミュニケーションがうまくとれず悩んでいました。

呑みに誘ったり、個人面談をしたり、いろいろやるのですが、部下は乗ってこないのだそうです。

あるコンサルタントはこのリーダーにこんな助言をしました。

「あなたには、部下の成長を願う気持ちがありますか。

部下のためを思って指導をしていますか。

リーダーでいちばん大切なのは、部下を思う気持ちです」

このコンサルタントの言葉を聞いて、どんな反応だったでしょう。

====

リーダーの困惑する顔が浮かぶような気がします。

このリーダーだって、部下のことを考えるからコミュニケーションがとれていないことを悩んでいるわけです。

たしかに十分とはいえないかもしれませんが、部下の成長を願わないわけではない。

そういうリーダーにこの助言はほとんど役に立ちませんね。

精神論だけを言うコンサルタントには気をつけなければなりません。

こういうのはまったく意味をなさないからです。

リーダーがほしいのは方法論、行動論であり、精神論では何も解決されません。

私がコンサルタントなら、おそらく部内の雰囲気を明るくし、みんながもっと元気が出るようにすることをアドバイスします。

そして、具体的には、部下をほめること、部下のよいところを認めることを勧めます。

まずはそこから始めて、人間関係をよくすることでしょう。

L研リーダースクールの通信講座初等科1は、ほめるのが苦手な人にほめることを職場でやらせます。

こういうのも経験なのですが、成功体験が得られればこれは続きます。

こんな意見を言っている人がいます。

今までも相手の良いところを見つけるように心がけていましたが、実際にほめるという行動は起こせていませんでした。やはり、ほめてもらえるということは、誰にとっても嬉しいことであり、励みになることだと感じました。

ほめる事を意識する事ができました。現場側から考えても、上司がほめる事を意識している事はうれしい事だと思います。

今回のこの研修で褒めることを意識することができたので大変良かったと思います。漠然と褒めると言われただけでは、わかりにくかったのですが、色々なパターンで考えることができたので、これからの業務でどんどん使っていきたいです。

みなさんも、まずやってみることです。ほめるなんて小さなことですが、小さなこと、簡単なことから始めて、だんだん複雑なマネジメントを覚えていけばよいと思いますよ。

みなさんは「百聞は一見にしかず」という故事を聞いたことがあるでしょう。

でも、本当はまだ続きがあるのです。

百見は一考にしかず(いくらたくさん見ても、考えなければ前に進まない)
百考は一行にしかず(どんなに考えても「行動」を起こさなければ前には進まない)
百行は一果にしかず(どんなに行動をしても、成果を残さなければ意味がない)

ビジョンと組織内コミュニケーション戦略

commu_120602

ビジョンを掲げるときの問題とはなんでしょうか?

ここでいうビジョンとは、企業理念のことではありません。

会社をどういう方向にもっていくかというような内容のことです。

小泉さんが言う「原発ゼロでも日本は発展できる」は立派なビジョンです。

魅力的なビジョンには多くの人が引きつけられます。

そこから先はビジョンまでの道筋を示すこと。これは組織コミュニケーションの戦略です。

====

拙著『暗示型戦略』はそれについて触れています。

メンバーが知らず知らずに自信をもって進むようにする暗示効果をもつチーム運営戦略を説明しましょう。

チーム運営では、以下の点が特に重要です。

1)ゴールの設定

2)ゴール達成までのプロセス提示

3)初期段階での大成功

最初に、ゴールまでのプロセスをはっきり示します。

このプロセスの構築次第で、やる気がでたり、自信を失ったりします。

最初に難しいところから入ったらまず挫折します。比較的容易なところから入り、自信をもたせながら次に進むというようなプロセスをつくります。

そして、第一ステップに入りますが、その前に考えるべきは先例を見に行くとか事例を調べること。

そういうものがないときには、試作品、プロトタイプ、モデルなどを用意します。

つまり、そういうものを見て、本物ができたときのイメージをメンバーに与えるわけです。

それがあると、メンバーには行動に集中力が出てきます。

百聞は一見にしかず、ということです。

これは暗示効果とも言えますね。イメージできることはとても強いのです。逆に、イメージできずにぼやっとしているものに、なかなか人はついてこないもの。 

暗示型戦略とは暗示型戦略の詳細解説はこちら 

眼に浮かぶように話すには

k4_thumb.jpg

目に浮かぶように話すことは、どんな場合でもたいへんな説得力をもちます。

テレビ通販でおなじみのジャパネットたかたの高田社長は、

「その商品を使ってどんなことができるかをテレビで語る」ことが効果があると言っています。

====

たとえばテレビを売りこむときには、テレビを見ながら家族で団らんしている姿を語るようにするそうです。

団らんの楽しさや家族の絆をイメージできると、お客さんは喜んで買ってくれるようになるわけですね。

説得や交渉でも同じことで、こちらの提案を実行するとどういう効果があるのか、目に浮かぶように話すことはたいへん大きな効果をもたらします。

ところで、目に浮かぶように話すにはひとつ忘れてはならないことがあります。

それは、相手の経験に基づくストーリーでないといけない、ということです。

こちらの話が相手の脳裏に浮かぶためには、相手が経験したことでないといけないのです。

イメージというのは想像ですから、経験のないことはイメージできません。

たとえば、相手が大工さんなら大工さんのわかる話に置き換える。大工さんにSEの話をしてもたいていの大工さんにはイメージはわきませんね。

サッカーの日本代表監督だったオシムさんは比喩の非常にうまい人でした。

「ライオンに追われたウサギが逃げ出す時に、肉離れをしますか? 要は準備が足らないのです」

こういう比喩をどんどん使えるようになりたいものです。比喩とは、暗示の一種です。拙著『リーダーの暗示学』でも比喩の効果を説明しています。

—————————————————————————————-

■リーダーシップ向上に関する参考書籍 

佐藤直曉著『リーダー感覚――人を指導する喜び』(鳥影社)

本書はL研リーダースクールの通信講座初等科1、初等科2のメインテキストです。初等科1では、人の心を動かす訓練としてほめる訓練を実践していただきます。この講座は、受講生に技術的アドバイスを行うとともに、受講生の成長を見守っていく実践型プログラムです。

立読みはこちらからどうぞ

—————————————————————————————

コミュニケーションスキルのなかで、最もベーシックで、応用範囲が広いスキルが、ほめる技術です。

ほめる技術を徹底的に行っていくのが、初等科1の講座です。L研リーダースクール初等科1

 

—————————————————————————————

コミュニケーションスキルのなかで、高度なスキルを練習する応用講座が、初等科2の講座です。

L研リーダースクール初等科2

 

 

コミュニケーションの問題に似て非なる問題

新年あけましておめでとうございます。

しばらく更新がとどこおっていましたが、今年から毎週水曜日に更新することにいたしました。

ということで、本年もよろしくお願い申し上げます。

今年のL研リーダースクールでは、初等科2が売りです。

新たに動画を作り直しました。内容的にはかなりハードになっています。

テーマは3つ。説得の技術、認める技術、欠点を指摘する技術です。

それぞれ3週間、職場で実践していただきます。

とにかく一つでもやってみれば、得るところは大きいでしょう。

だんだん、コミュニケーションの感覚が鋭くなってきます。

====

コミュニケーションスキルだけを練習してもあまり効果はないといえます。

人間行動はどういうものか、その本質を知ることができれば、スキルなんか忘れたってふつうにできるようになります。

それを小手先のスキルばかり覚えて真似しても、応用力はつきません。

ヒューマンスキルの勉強で難しいのは、教える人と教わる人が環境がまったく違うこと。

そして、相手にする人も違ってきます。

有名大企業の社長の講演を零細企業の社長さんが聞きに行っても、あまり役に立たないのと同じですね。

環境が違うのですから、同じことをやってもあまりうまくいくはずがない。

いけいけどんどん型のトップセールスの方法を、おとなしくて内気なセールスマンが真似をしても劣等感を感じるだけでしょう。

トップセールスのような行動力があるはずないですから。

ですから、自分なりにアレンジしないといけません。そのときは、スキルのコンセプトをきちんと理解している必要があります。

そこさえはずさなければ、応用は自在です。

さて、今日はコミュニケーションスキルの問題かそうでないかを考えてみましょう。

コミュニケーションが下手な部長?

ある大企業の役員さんは部下のB部長のことで頭を痛めておりました。

「B君は私のために骨身を惜しまず、こまめに働いてくれる優秀な人間なのに、どうも部下を生かして使っていないように思える」と考えました。

彼は部下に対してもこまめに指示を出し、部下の行動に気遣っているように見えました。

しかし、彼が時々声を荒げるような状況を見るに付け、「どうも彼はコミュニケーションがうまくないようだ」と気付きました。

そこで彼をコミュニケーションの教育で有名なある研修セミナーに参加させることにしました。

しかし、果たしてこれはコミュニケーションの問題でしょうか?

Bさんは、上司の気持ちを推察し細かく心使いをし、仕事上の報告を手落ちなくこまめに正確にしています。これを見るかぎり、どうしても彼がコミュニケーション下手とは思えません。

一方、Bさんは部下に対して仕事の最終目標を明確に伝えていません。

さらに仕事上の問題の周辺事情を、意図的に最小限度しか伝えていません。

つまり、Bさんは自分の持っている情報を出来るだけ胸にしまい、部下には全ての情報を教えないようにしているのです。

その結果として、部下は長期的で広い視野に基づく判断が出来ず、混乱しています。

Bさんは部下の指導を会社のためにしていると言うよりは、情報をコントロールすることで、彼自身の地位を強めようとしているのです。

ーーーーーーー

問題の本質がどこにあるのか、常に考えないといけませんね。

 

—————————————————————————————-

■リーダーシップ向上に関する参考書籍 

佐藤直曉著『リーダー感覚――人を指導する喜び』(鳥影社)

本書はL研リーダースクールの通信講座初等科1、初等科2のメインテキストです。初等科1では、人の心を動かす訓練としてほめる訓練を実践していただきます。この講座は、受講生に技術的アドバイスを行うとともに、受講生の成長を見守っていく実践型プログラムです。

立読みはこちらからどうぞ

—————————————————————————————

コミュニケーションスキルのなかで、最もベーシックで、応用範囲が広いスキルが、ほめる技術です。

ほめる技術を徹底的に行っていくのが、初等科1の講座です。L研リーダースクール初等科1

 

—————————————————————————————

コミュニケーションスキルのなかで、高度なスキルを練習する応用講座が、初等科2の講座です。

L研リーダースクール初等科2