個人間のコミュニケーションだけでは解決しない問題

commu_120602

ある工場で改善活動をしようとしているとき、ある職長さんが非常に反対して職場全体の空気を盛り下げている。

そんなとき、リーダーはどういうアプローチをとるでしょうか。

ふつうに考えるのは、なんとかこの職長さんを説得して、改善活動に積極的に向かわせようとすることでしょう。

====

リーダーはこういうとき、対人コミュニケーション能力が必要になります。

どんなことで反対しているのか、何か不快なことがあるのか、あるいは自信がないのか、

対話を通して本音を探り、対策をたてる。支援をする。

これは問題の争点をなんとか処理しようという方法です。

これはこれで大事なのですが、別のアプローチもありうるのです。

しかし、あまりこういうことに多くの人は気がつかないでしょうね。

個人を変えようとしなくても、全体を変えることで、変化をもたらすこともできるのです。

それには、組織のなかで最も動きやすいパーツ(動かしやすい人たち)を振動させる。

すると、それに呼応して別のパーツも振動をはじめる。

そうやって、組織全体に波紋が広がり、振動が隅々まで伝わるようになる。

戦争なんかそういうことが多いですよ。

第一次大戦は、セルビアでしたか、どこでしたかが発火点となって、いろんなところに飛び火したわけでしょう。

会社のなかだって同じことなんですよ。

何を言っているのかわからないかもしれませんが、これが伝動戦略であり、暗示型戦略なんです。

武力ではなくて、思想を伝播することで組織全体を動かすということです。

そうなると、反対する人はだんだん置いてきぼりになっちゃうんです。

反対者を無理やり誘わなくっても、離れ小島になってしまう。

それがいやなら、いっしょに協力しましょうよ、ということですね。

詳しくはこちらを参照してください。

暗示型戦略とは暗示型戦略の詳細解説はこちら 

 

 

「報・連・相」を妨げる社員の心理

commu_120602

総論賛成、各論反対はいつの世にもあります。

「コミュニケーションをとるのは会社や組織にとってよいこと」。これなんかも建前上ではそうです。

しかし、「報・連・相」を口が酸っぱくなるまで言っても、うまくいかない。

個人にとっては、あえてコミュニケーションをとらない方が得な場合があるからです。

====

リーダーにとってみれば、自分の上司にも部下にも必要な情報を与えない方が、自分の好きなように行動でき、人を使えます。

なにしろ、自分しか知らないことなら、人は従うしかありませんから。

個人の業績評価からすれば、そう行動した方が得かもしれません。

一方、部下の方も部下ので、上司に悪い情報をできるだけ報告しないで、なんとか自分で解決した方が得。

いちいち悪い途中経過を上司に報告して、覚えを悪くしたら損ですから。

こういう人の場合、自分の手に負えなくなった段階になって、ようやく報告してきます。

しかし、こういうときには、もう手遅れ状態。

リーダーとしては気をつけないといけないパターンです。

「ほうれんそう」というような言葉が一人歩きしていますが、そんな簡単なことではなさそうです。

人間の行動癖をよく知って、気をつけなければいけないということですね。

「話をすることがない」沈黙の苦痛がなくなる対策とは

更新が遅れ気味で申し訳ありません。

話をすることがない、という人がいると思います。沈黙というのは人によってはずいぶん苦痛なもの。

ビジネスでの打ち合わせや商談時に、本題に入る前のちょっとした雑談は付きもの。

他愛のない内容でも、その場で上手に相手とコミュニケーションが図れれば、その後のやり取りもスムーズに進むはず。

いちばん使いやすいのが「天気」。

これで最後まで会話をつづけるのは難しいのですが、導入のきっかけにはたいへん便利です。

少しうちとけたら、いよいよ会話のスタート。

====

会話の相手がいちばん喜ぶのは「自分がしたことのない体験談」だそうです。

話題のテーマとして興味をひくのは、「健康」「お金儲け」「異性」とこんなところでしょう。

私の場合は、整体を長い間勉強していますから、そこに話題をもっていきます。

自分のことでもいいんですよ。

「昨日は遅くまで仕事をしていて、もう目がくたくたなんです」

こう言っておいて、整体の話にもっていく。

「それで、寝る前に目の温湿布をしたんです。これがたいへんよく聞く。実は整体の先生に聞いた方法なんですがね」

ほとんどの人が健康に興味をもっているので、ここから先はいかようにも話題を発展させられます。

なんでもいいのですが、なにか趣味とか特技をもっているのはいいことです。うまくそこに話をもっていけばいいのですから。

以下はファッションデザイナーの芦田淳さんのエピソード。

マンスフィールド元駐日米国大使が日本に赴任してきたときのレセプションパーティーでのこと。

社交辞令を済ませてさっさと帰ろうと思っていた芦田さんでしたが、たまたま大使が目の前にいたので、勇気を振り絞って声をかけたそうです。

「大使、すてきなスーツをお召しですね」

すると大使も

「君もいいワイシャツを着ているじゃないか」といたずらっぽく答えました。

その瞬間、その場の空気がパッと和んだそうです。

私も、その真似をして「姿勢がすばらしい。整体的に見てとてもいい」とこうほめれば、相手の人も乗ってきますよ。

うまく話題を自分の得意な土俵に乗せることを考えてみたらどうでしょう。

その前に、その土俵作りをしないといけませんけどね。時間はかかりますが、自分が
好きなことを続けていけば、自然にできますよ。

 

年上の人とのコミュニケーション法

commu_120602

よく「爺殺し」などと呼ばれる経営者や営業マンがおります。

年長者と仲良くなるのは、ふつうの人にとっては難しいと思います。

やはり同年代の人の方が話はしやすい。

それは「共通項」が多いので、話もあいやすいからでしょう。

ところが、そういう壁をまったく苦にしない人たちがいるわけです。

いったい、どういったコツがあるのでしょうか?

====

こういう人は、自然に年長者に好かれる態度をとれているのでしょう。

コミュニケーションでは、共通の経験をもつことが大事だと言われています。

共感が得られることを関係性などと呼ぶこともありますが、この関係性をつくりにくい世代の壁をどうやってクリアしているのでしょうか。

私は実のところそういう人と会ったことがないので、あくまで推測ですが、いくつか考えつくことをあげてみます。

一つは、相手の心の空白を埋めること。

これは一人暮らし老人に対する詐欺師に見られる行動ですが、とにかく親切にする。

仏壇に線香をあげさせてもらう、ご飯をつくってあげる、などなど。

そうやって信頼を得てからおもむろに、実は「カネが足りない。親が入院した」などと言う。

次は、成功した人に対する対応。

自分の若い頃もそうだったなと思い出させる行動をとる。

たとえば、苦労して成功した人に対して、ちょうど自分の若い頃のようだと思わせる。

楽天の三木谷さんなんか、こういう感じだったのかもしれません。

ただし、このときは条件がある。

きちんとスーツを着ていること。

いまはやりのヘアスタイルだとか、先のとがった靴なんかでは相手に毛嫌いされます。

ですから、身なりはとにかくオーソドックスでないといけません。やはり同類と思われませんとね。

そして、一生懸命仕事に打ち込んでいる姿勢を見せなければいけないのは当然です。

さらに積極的に教えを請うこと。

人は教えることが大好きなんです。そこをつく。

ただし、教えを請うにも方法があります。それをはずすとかえってバカにされます。

どういうふうにもっていくべきなのか。

拙著『リーダー感覚』に書いてありますから、興味のある人は読んでください。ははは。

■リーダーシップ向上に関する参考書籍 

佐藤直曉著『リーダー感覚――人を指導する喜び』(鳥影社)

本書はL研リーダースクールの通信講座初等科1、初等科2のメインテキストです。初等科1では、人の心を動かす訓練としてほめる訓練を実践していただきます。この講座は、受講生に技術的アドバイスを行うとともに、受講生の成長を見守っていく実践型プログラムです。

立読みはこちらからどうぞ

—————————————————————————————

コミュニケーションスキルのなかで、最もベーシックで、応用範囲が広いスキルが、ほめる技術です。

ほめる技術を徹底的に行っていくのが、初等科1の講座です。L研リーダースクール初等科1

 

—————————————————————————————

コミュニケーションスキルのなかで、高度なスキルを練習する応用講座が、初等科2の講座です。

L研リーダースクール初等科2