リーダーになる前にリーダーシップをつけるには

commu_120602

まだリーダーになっていない人に、リーダーシップを教えるのは結構たいへんなことです。

というのも、多少なりともリーダーの経験がある人に教えれば、過去の体験と理論が結びついて理解しやすいですが、そういうものがない人にとっては、なかなかピントこないものです。

ビジネススクールが職務経験を数年もつ人を募集するのは、教える効果からして当然と言えば当然です。

しかし、これからリーダーになる人にリーダーシップを教える必要があるのも事実です。

リーダーになっていきなり「リーダーシップを発揮せよ」と言われたら、途方に暮れるでしょうからね。

では、こういう人たちに何を教えたらよいか。

====


私の最近の講演などの経験から考えて、コミュニケーション・スキルを学んでもらうのがたいへん効果があると思っています。

特に最初はほめる訓練、長所を見つける訓練がよいように思います。

これはL研リーダースクールの初等科で行っているものです。

ここでの主眼は人間観察の習慣をつけることです。

ほめることを強制するわけですから、いやでも人間観察を続けて長所をみつけようとせざるをえなくなります。

これがいつの間にか人間理解力を育むというわけです。

また、この訓練を続けると、ほめることで人の心がどう動くか、どうしたら動かせるかということが、身につくようになります。

さらに、進めば、中等科の一部であるより高度なコミュニケーション・スキルを学べばいいと思います。

ここでは、説得、欠点の修正などをいかにうまくコミュニケーションするかがテーマになっています。

こういうことはリーダーでなくても、仕事で十分役立つと思うので、リーダーになる前の人にとっても興味がもてる内容ではないかと思います。

 

—————————————————————————————-

■リーダーシップ向上に関する参考書籍 

佐藤直曉著『リーダー感覚――人を指導する喜び』(鳥影社)

本書はL研リーダースクールの通信講座初等科のメインテキストです。初等科では、人の心を動かす訓練としてほめる訓練を実践していただきます。この講座は、受講生に技術的アドバイスを行うとともに、受講生の成長を見守っていく実践型プログラムです。

立読みはこちらからどうぞ

—————————————————————————————

コミュニケーションスキルのなかで、最もベーシックで、応用範囲が広いスキルが、ほめる技術です。

ほめる技術を徹底的に行っていくのが、初等科の講座です。あわせて、人間分析のための資料を提供しています。

L研リーダースクール初等科

 

人間分析法の学び方

釈迦は人を見て法を説くことができたとされる。相手の教養程度や性格を考えながら説法をされたのだろうが、考えてみれば釈迦のように一人ひとりの性格や能力に応じて指導を行えることこそ指導力の源泉といえるのではなかろうか。

こうした指導ができるためには、リーダーは各人の個性を的確に分析できる人間理解力が必要になる。では、我々は人間についてより深い理解力を得るための訓練をどのように行えばよいのか。私はこう考える。

====


人間行動というのは、でたらめに起きるわけではない。背後には必ずその人独自の行動基準があり、人はそれに従って行動している。特に大事な場面ほどそうなる。行動基準とは究極的にはその人の価値観そのものでもあるのだ。

したがって、我々はそれを素早く的確につかむ訓練をすればよいのである。では、どのような訓練が必要だろうか。

たとえば、まわりにいる人間をていねいに観察していくことはたいへん有意義なことである。

ただ、肝心の観察相手の種類が少なすぎるケースがよくある。実際、我々がつきあっている人間の範囲はそれほど広いものではない。サラリーマンであれば、会社関係者、顧客、業界関係者などがつきあいの中心になるだろう。

職人、芸術家、あるいは格闘技家などとつきあうことはめったにないだろう。似たものどおしと言う言葉がある。そのため、多くのサンプルを得られるとは限らない。

そこで、まずは人間分析の概念と理論を学ぶことが手っ取り早い。それが体癖論であり、感受性分析である。これをしっかり学べば効果は多大だ。

この知識をベースに人間観察の訓練を続け、感受性分析を身につけるのだ。

この実践を行うときに、注意しなければならない点がある。それは判断するさいに客観性を保つということである。

相手の行動を判断する場合、「相手の立場になって考えよ」と忠告されることが多いが、私にいわせればこれはやや甘い考え方であり、また、たいへん誤解を招きやすいフレーズである。

なぜならば、とかく人は相手の立場に身を置きながら、自分の行動基準で考えてしまうからである。

正しくは相手の立場に身を置き、なおかつ相手の行動基準で考えることが必要である。この二つの条件が満たされないかぎり、なかなか客観的な分析や評価はできない。

■関連資料:佐藤直曉著『リーダーの人間行動学』
人間の行動基準パターンとその理論を簡単に紹介しながら、応用として、歴史上の人物の行動分析を行っています。歴史上の人物には極めて強い個性をもっている人が多く、そのため特徴がはっきりでやすく、人間分析が比較的容易です。したがって、勉強材料としてとてもよいのです。

扱っている人物は、南極探検家スコット、乃木希典、空海と最澄、ショパンとジョルジュサンドです。 いずれも、極めてユニークな個性の持ち主ですので、特徴がわかりやすく、理解しやすくなっています。

各人物には、それぞれ質問を用意してありますので、読者はそれを考えれば、一層人間分析の意味が理解できるでしょう。
リーダーの人間分析講座,コミュニケーション力をつける-リーダーの人間行動学

立読み:こちらからどうぞ

■感受性メルマガ メルマガで感受性を解説しています。申し込みはこちら

 

コミュニケーション能力を高める原理

commu_120602

コミュニケーション能力を高めるためには何が必要か。基本をしっかり頭に入れておきましょう。

そもそも、コミュニケーションをよくしようとするとき、コミュニケーションのテクニックばかり学んで藻あまり効果が出ない。

コミュニケーションをよくするには、まず二つの要素を頭に入れる必要があります。

====


Commu

 

 

 

 

 

 

まず波長合わせ。ラポールともいいます。

相手との信頼関係とも言えます。

これができていないと、大変話しが通じにくい。

それはそうだ。よくわからない相手は警戒するものです。なんとかその壁を取り除くことが先決です。

そのために、コミュニケーション講師は、「相手との共通点を見つけなさい」などと言います。

出身が同じとか、趣味が同じとか、そういうことで心の壁がなんとなく取り払われることはありますね。

ただ話しを聞き、反論しない」というのはカウンセラーが使う手。これも波長あわせを考えてのことです。

いきなり「あなたの言うことは間違っています」なんて言ったら、波長あわせなんかできませんから。

まずは、よく話しを聞いてあげること。これが波長合わせで最も大事なこと。

心理学者は、「相手と同じ格好をしろ」などと言います。相手が背もたれにもたれたら自分もそうする。

左を向けば自分もそちらを向く。

でもねえ、こんなこと話しのときにやったら、話しに集注できませんよ。

だから、たいていの人はギブアップしますね。あまり実践的な方法じゃないと思います。

むしろ、ほめる技術を使うのがいいです。相手を認める。よいところを認める。

相手の自尊心を満たすんです。すると、相手が聞く耳をもってくれるようになる。

さて、ラポールができたら、いよいよ提言のフェーズ。

ここで、人間分析の知識が効いてきます。

ロジカルシンキングといえば、すごくよい方法のようですが、コミュニケーションにおいてはどうかわかりません。

コミュニケーションは相手次第。

相手が非ロジカルなら、そういう人にかなう話し方をしないといけません。

人間の行動基準は10種類あるとされるので、まずこの10種類を勉強するとよいのです。

説得のジョークにこんなのがあります。

船が難破して乗客がボートに乗り移ってきたがボートは満員。誰かが海に飛び込み、泳がなければならない。どうやって説得するか。

イギリス人にはこう言うといい。
「ジェントルマンらしく振る舞ってくれ」

ドイツ人には
「船長の命令である」

イタリア人には
「君は飛び込むな」

アメリカ人には
「保険に入っているから大丈夫だ」

そして、日本人には
「ほかの皆さんも飛び込んでますよ」

質問:各国の人間たちの行動基準と体癖はどんなものかをお考え下さい。

たとえばイギリス人タイプは、名誉心、世間の評判にたいへん弱い。そればっかり気にする。

そういう人を説得するときは、「これをすれば、世間での評判がたつよ」ともっていくこと。

詳細は拙著『リーダーの人間行動学』をお読みください。