あてこすりする人に対して

私があるコンサルティング会社の社長といっしょに仕事をしていたときのことです。

私は主にコンサルティングの実務を担当し、彼は顧客との折衝を行うという具合に、役割分担が決められていました。

ある顧客との会合が行われる二週間ほど前、彼と私は打ち合わせを行いました。そして、私は企業買収を提案したのです。ところが、彼は即座に棄却。これでこの件は打ち切り。

さて、顧客との会合が始まり、話は順調に進みました。それで、ひと段落着いたので、私は何気なく、買収の件を口に出してしまったのです。彼が棄却していたことを、うっかり忘却していたわけです。

====

すると、この顧客はたいへんに興味をもち、話にのってきました。これに対して、彼は当惑して、複雑な顔をしておりました。

それから、しばらくして、社内会議が行われ、私がある提案をした。さっきの件とは全然関係ない話です。まわりにいた人たちは、いい意見だと言ってくれました。そのとき、彼が言いました。

「佐藤君は、いい事を言う。一ヶ月に一度くらいだがね」

周りの人はうまい冗談だと思い、笑っておりました。でも、これは完全なあてこすり。

こういうとき処理を誤ると、次第に両者の溝が深まっていくんですね。よく考えてみれば、彼は私を怒りたいのに、それをじっとこらえ、あてこすりによって自分の感情エネルギーを発散させようとしているわけです。

そこを察しないといけませんね。あてこすりにすぐ反発するようでは、サラリーマンはやっていけませんよ。

この人は、少々頭にはきているが、だからといってそれ以上のことはしたくないと思っている。自分の戦力を自分から捨てることは簡単にはできませんよね。だから、仕方なくあてこすりで我慢しているわけです。

ですから、こちらもそこを察して、この次は、彼がふたたび顧客の前で華麗なプレゼンができるようにお膳だてすればいいのです。そうすれば機嫌を直してくれるでしょう。

まあ、子供みたいなもんだけれど、リーダーにはそういう人って結構多いのではないかと思うんですよ。

リーダーであろうがなかろうが、大人になったほうが勝ちです。私はそう思っています。でも、そこまでして宮仕えをするのは、こりごりだとも思うわけです。

引用:佐藤直曉『リーダーの暗示学

※しかし、相手がなぜあてこすりをするかがさっぱりわからない人は、困るだろうなと思います。そこは、相手の心をある程度読めるように訓練しないといけませんね。

相手の心理を読む練習をすればだんだん見えてきます。

それには、L研リーダースクールの初等講座を受講して訓練するのがいちばん。(^_^)