あなたのリーダー能力診断・強み診断

リーダーにとって、自分の強みを活かすのは常識とされています。弱みを中心に据えてはならないことも当然とされています。

自分の強みだけではありません。経営学者のドラッカーは「成果を上げるには、利用できるかぎりの強み、すなわち同僚の強み、上司の強み、自分自身の強み、を使わなければならない。強みこそが機会である。強みを生かすことが、組織の特有の目的である」

一方で、ドラッカーは強みを発見するのは意外に難しいとも言っています。

「自分だけではなかなかわからない。したがって、他との交流と、そこからの率直なフィードバックによってのみ知り得る」

====

案外、自分のことはよくわからない。そこが問題なのです。

自分はもっとできるはずだ。おかしい、こんなはずではない。

そんなことを考えたことはありませんか。

そういう人は、ひょっとしたら何かの思い違いがあるのかもしれませんね。

あなたは自分を正しく認めずに、見誤っているのかもしれません。自分の長所を見損なっているのかもしれません。

世の中を渡ってゆくためには、長所に焦点をあてるほかはありません。短所の改善が必要なときもありますが、その前にまず長所を活用していくことから考えるべきです。

ところが、人間は欠点はよく見えても、長所には気づきにくいものです。あなた自身の優れた能力や性格をご自分ではなかなか自覚できないものです。

そこで、あなたとお話しながら、あなたの長所をみつける作業をお手伝いさせていただきます。

これからあなたが何を伸ばしていけばよいか、あるいはあなたの限界が何かを見つけることができれば、もっと悠々楽々生きていけるでしょう。

”あなた自身を信じることです!”

事前にチェックシートをお渡しいたしますので、記入後メールでご返送ください。

シートをもとに面談またはSkypeによるビデオ討議を行います。

日時、内容などについては事前のご予約が必要です。

詳細はこちら