ほめて機嫌をそこねるのでは、何のためのコミュニケーションか

一生懸命お世辞を言うことを訓練しようとしている人がいるようです。

お世辞が失敗するのは、見え透いているからでしょう。そういうのは、相手にされません。

しかし、たとえお世辞でなく本音でほめても相手が怒るのはどういうことでしょうか。

女性どおしのケースです。

「色白で割と綺麗な人がいたんです。

職場の女性同士で『あの子、綺麗だよね』って話が出るほど、同性からみても綺麗な子でした。

で、ある日、とある人がその人を『○○さんて本当に肌がきれいで羨ましいわ』と言った。

====

すると、『いいかげんにしてください!お世辞は結構ですから!!』とその人は切れてしまいました。

それ以来、誰もなーんにも言わなくなりましたよ。でもお世辞で言ってた訳じゃなかったので、言われた人は傷ついてました」

女性のことは私はよくわかりませんが、ほめるときには、内容とタイミングをよく考えないといけないでしょう。

まずタイミングについてですが、唐突にほめられたら、相手は「この人はなんだろう」と思いかねません。

何か相手がすばらしいことをしたとき、ほめるのが安全です。

ほめる内容についてですが、容姿についてどう褒めるか、女性どおしのことは私にはよくわかりませんが、相手を見て言う必要があるのかもしれません。

それと、人がほめそうなことを言ってもあまり効果はありません。よく褒められていることは「またか」と思うだけかもしれません。

それよりも、相手が心底自負していることを見つけて褒めることがよいことです。

あと、女性の容姿をほめるなら(これは男性がほめる場合で、女性がほめる場合はどうか自信はありませんが)、相手が考えもしないこと、自分で見ることのできないことをほめるのが効果があります。

たとえば、「右に流し目をするときのその目の動きの早さがなんともいえず素敵だ」とか。

相手にとってはとても意外であり、しかも絶対自分で見ることはできませんからね。