ほめられない人

ほめることが効果があることを紹介したところ、一生懸命やってみてくださった社長さんがおりました。

ところが、だんだん顔つきが暗くなってきた。どうしたのですかとたずねると

「いくら考えても部下のほめるところが見つからない」

====

有能な人からしたら、みなバカに見えるのでしょうかね。

こういう人には、正直どう言ったら良いかよくわかりません。誰か教えてください。

あるいは、人間を見る眼があまりにも硬直的なのかもしれません。

人間に必要な、あるいは自分の会社に必要な資質は、これとこれ、と決め込んでいるのか。

あるいは、欠点ばかりが眼につくのか。

しかし、よく考えてみれば、長所も短所も同じなのです。それをどう見るかということでしょう。

たとえば、無口な人は口が硬いと言えなくもない。

おしゃべりな人は、座持ちがいい。

要はシチュエーション次第ということでしょうね。ある状況ではうまくないことが、別の状況では役に立つ。

荘子にこんな話があります。

高徳の隠者が商丘という土地に出掛けた折に、とても大きな木を見つけた。木陰で馬車が千台は休めるだろう思われるほどの大きさだった。

「なんて素晴らしい木だろう」

隠者は感心し、近寄って繁々見ると気付くことがあった。枝は曲がりくねって、棟木や梁に適さない。幹は空洞化して平板にもならない。葉は毒素を含んでいるようで、臭いは悪臭を放って酷いものだった。

「なるほど、これは何の役にも立たない木だ。しかし、役立たずだからこそ、誰にも伐られずここまで成長できたのだろう。人間も同じこと、天寿を全うするには不材無用の役立たず人間でなければならん」

今日は、シチュエーションをよく考えて人を使う、ということでした。

—————————————————————————————-

■リーダー感覚に関する参考書籍

本稿は佐藤直曉著『リーダー感覚――人を指導する喜び』(鳥影社)の一部を抜粋引用しながら、加筆したものです。

本書は、リーダーシップを実践的につける訓練法を紹介しています。極めて泥臭いが現実的な方法論です。

解説はこちらからどうぞ