コミュニケーションの前に考えるべき仕掛け

今日は拙著『先見力訓練法』から話題をとってきました。

第二次世界大戦のノルマンディー上陸作戦やドイツ戦線で活躍したパットン将軍をご存知ですか?

パットン戦車軍団とかなんとかいう映画にもなったくらいですから、名前くらいは知っているかもしれませんね。

パットンは勇猛果敢で訓練が厳しいことで有名でした。そのパットンは兵士の士気についてずいぶん研究していたようです。もちろん学者じゃないので、非常に現実的な対処法の研究です。そこで、その一部をご紹介しましょう。

====

「上級将校ができるだけ前線視察することを勧める」

「姿を見せる将校の階級が高いほど、また護衛の数が少ないほど、兵士に与える効果は高い。視察にある程度の危険が伴うなら、その価値はさらに上がる」

前線に出かける将校にはこう忠告しています。

「後方へ戻る姿を絶対見せるな」

したがって「前線へ向かうときは皆に見えるようにッジープに乗り、帰りは飛行機にしろ」

こうやってみると、なるほど天皇陛下が被災地の人たちを慰めに出かけられたのは、誠にありがたく思われるわけです。

ところが、菅前首相が原発の事故現場に出かけて、これは大ひんしゅくをかいました。お邪魔虫になってしまったのです。

前線に出かけるタイミングというものも考えないといけませんかね。企業の社長が地方支店まわりをするときなんかも、お邪魔虫になっている人は多い。

パットンはほかにもこんなことを言っています。

「寒中でも、将官は兵士より暖衣を身につけているという印象を与えぬように」

枝野前官房長官なんか、原発事故後、はじめて福島に出かけたとき、完全放射能防護服で行ってました。

迎えに出てきた福島の人たちは防護服なんか着ていませんから、福島の人はずいぶん違和感があったことでしょう。あそこは無理してでも防護服はとらなければなりませんでした。