コミュニケーション力をつけるほめる訓練

私はコミュニケーションを勉強する初心者には、ほめる訓練を特に大事にするように伝えています。

この訓練によって、相手の気持ちを察し、理解することができるようになるからです。

ところで、はじめての人がほめる訓練を行うときには、本当は相手を選んだ方がよいと思います。

最初は、とにかくほめられるのが大好きな人からはじめるとよいでしょう。

最初の印象というのはとても大事なのです。はじめにうまくいくと、「これはできそうだ!」と勇気がわいてきます。でも、最初につまずくと苦手意識をもちやすいもの。

これは勉強のコツです。どんな勉強でもそう。まずできると思えるやりやすいところから入るのが原則。潜在意識に苦手意識が入り込まないようにする工夫ですね。

では、どういうタイプがほめると喜ぶかというと、捻れ型というタイプです。

捻れ型についてはL研リーダースクールなどで販売している『リーダーの人間行動 人間を見る力を鍛える」(鳥影社)に簡単に説明しています。

また、L研リーダースクールで購入していただいた方には、特典としてフリー資料のebook『行動分析の手引』またはPDF『行動分析の手引詳解』に詳しく説明がありますので、興味があればそちらをお読みください。

捻れ型というタイプは、とにかく、負けずぎらいな人です。なんでも勝ち負けで、相手と戦う気になっている人ですね。

それで、こういう人はすごくほめられるのが好き。

まわりに、そういう人がいたらほめてみてください。諸手を挙げて喜びますから。ですから、このあたりからスタートするといい。

ただし、いつまでも、こういう人ばっかり相手にしていると、技術は向上しませんよ!

お笑い芸人が女子高生ばかり相手にしていると、すぐに笑いはとれても、芸が駄目になるのと同じこと。わかりましたね。みなさん!!