リーダーとマネジャーの違い

コミュニケーション能力といっても、人により受け止める内容はずいぶん違います。

一つの極は、仕事を行う上での情報伝達のあり方でしょう。

もう一方の対極は、人間の心を動かすこと、モチベーションアップといった人間心理などにおけるスキル。

今日、ご紹介するのは、前者の方。

====

あるサイトでは、スタッフの扱いがまずい店長さんを念頭に、場面を3つ想定してコミュニケーションの改善を解説しています。


1.スタッフの話を聴く場面

真剣に聞く態度、質問するスキルなどが紹介されています。

2.指示を出す・指導する場面

なぜその業務や対応をしなければならないのか、

どのような成果や結果を求めているのか、

具体的にどのように進めればよいのか、

いつまでに完了させる業務なのかなど

たしかにこれはコミュニケーションには違いありませんが、私からすればこれは仕事の進め方、チーム運営といったものに属すると思えます。

3.ミーティングを実施する場面

ミーティングを効率的に行うためのスキルが紹介されています。事前に資料を配付するといったことです。

これもどちらかといえば、業務管理に属することでしょう。


 

このような見方ですと、スタッフを育成するためのコミュニケーション、モチベーションを高めるためのコミュニケーションにはあまり触れられません。

人によってコミュニケーションの見方もずいぶん違うのだなと思わされます。

情報交換はマネジャーの仕事。心を動かすのはリーダーの仕事と考えます。

この店長がいったいどのような問題を抱えているのか正しく判断しないと、効果的な対策はつくれないでしょうね。仕事の進め方がわかっていないのか、それとも人の心を動かす重要性がわかっていないか、いったいどちらなのかということです。

ただ、リーダーとしては、というよりもマネジャーとして、業務管理の情報交換は必要です

L研リーダースクールとしは、このような問題にも対応していただけるよう、この秋頃までに新たに講座を設けることを検討しております。