リーダーのコミュニケーション能力とは(2)

リーダーの仕事をしやすくするのがコミュニケーションですから、それを鍛えてコミュニケーション能力を高める必要がリーダーにはあるでしょう。

では、どのようなフレームワークで、このコミュニケーション能力を高めるべきでしょうか。

アプローチは人ぞれぞれですが、ここではL研リーダースクールの方法論を紹介しましょう。

まず、コミュニケーション能力とは何かを考えます。

1聴く力

2メッセージを伝える力

聴く力とは、単に相手の話の内容を聞くというのではなく、相手のニーズや、相手の志向(行動基準や価値観)の理解を含みます。

メッセージを伝える力とは、相手のニーズや志向にあわせていかに伝えるかということです。

なお、メッセージを伝えるとき、個人を相手にする場合とチームリーダーとしてチームに伝達する場合があります。

チームに伝える場合には、よりマネジメントの原理を理解する必要があります。

L研リーダースクールでは、ゴールの設定、ゴールに到達するまでのプロセスの設計と開示方法に重きを置いています。

もちろん、どう表現するかという技術的なこともあるわけですが、それについては専門機関で研究しているところが多々ありますので、L研リーダースクールでは扱いません。

このエントリーをはてなブックマークに追加