リーダーのコミュニケーション能力とは(6)

前回は、リーダーの伝える力を高めるためには、ほめる技術、叱る技術、暗示技術、認める技術、説得の技術、といったものを訓練するとよいと述べました。

このなかでも特に重要なのがほめる技術です。

こちらではそれを実践している企業の事例が載っています。

リーダーコミュニケーションスキルとほめる技術

ほめる訓練のよいところは、リーダーとして人間に興味がもてるようになることです。

以前も述べたように、リーダーは人に仕事をしてもらってなんぼの世界なのですから、人間に興味がもてないとなかなかリーダーシップはつかないと思います。

ほめる訓練をすると、常に相手のよいところを見る癖がつきますので、自ずと観察眼がつき、人間に興味をもつようになります。

また、ほめる訓練は部下との共感がえられます。ほめて相手の人が喜んでくれれば、自分もうれしくなります。こういう経験をすると、コミュニケーションの意味もだんだんわかってきます。

このようなことを体系的にまとめたのが、拙著『リーダー感覚』です。