リーダーのコミュニケーション能力とは?

今日はリーダーのコミュニケーション能力とはなんぞや、ということに触れます。

コミュニケーションとは立場によっていろいろな意味があってわかりにくいと思いますね。

企業が学生に求める資質として「コミュニケーション能力」をあげていますが、どうでしょうかねえ。

====

先日も経団連の調査でトップに上がっていました。

けれども、この調査どんな意味があるのか、私にはよくわかりません。

なぜならば、コミュニケーション能力とは何を指すかがはっきりしない質問調査だからです。

あるサイトでは、3つくらいの意味があるというのです。

①ホウレンソウ上手
どちらかというと古い会社に多い。これを重視する企業では、組織の忠実な歯車としての役割が期待されているはず。

②調整能力
根回しとか人付き合いとか、そういった日本的な言葉で語られるものだ。

③表現力

1は企業に入ってから教えればいいことだろうし、2は仕事を通じて学ぶことでしょう。

ならば、学生には3の表現力を求めているのでしょうか?

学生の言葉と社会人の言葉は違います。

ということで、私はどれもあまり意味がないような気がします。社会に出てから勉強すれば十分じゃないかと。

私は人事担当者ではないので、あまりわからないことですけどねえ。

いまは私の就職時代と比べて、難しい時代なんでしょうかね。

さて、このブログで扱うリーダーのコミュニケーション能力とは、上のどれでもありません。

リーダーとして部下を成長させ、部下のやる気を高め、チームの運営をスムーズに行うためのスキルを扱います。

より具体的に言えば、モチベーションアップの会話、説得の技術、認め方の技術、しかり方の技術、暗示の技術などといったものです。

言い替えると、リーダーシップを発揮させるため道具の提供ということでしょう。

ここでいうリーダーシップとは、リーダーの考えを上手に部下に伝えることで、部下が気持ちよくやる気を持って仕事ができるようにする能力ということです。