リーダーシップをつけるには

リーダーシップとマネジメント能力とは別物だと私は考えています。

ここでいうマネジメントの能力とは、業務管理とか目標管理といった類のことです。

しかし、リーダーシップはそれと少し違って、自分の考えを部下にうまく伝えながら、部下に気持ちよく動き働いてもらえる能力であると私は考えています。

ですから、コミュニケーション能力と非常に関係が深いと言えるわけです。

ただ、リーダーのコミュニケーション能力となると、ただコミュニケーション力があればよいというわけではないでしょう。

やはり、リーダーとは何かを考え、リーダーとして力を発揮できるためのコミュニケーション力でなければなりません。それは人の心を動かす能力ともいえるでしょう。

====

それをたたき上げの社長のような人たちは、若いころから実践で鍛えています。しかし、ふつうのサラリーマンにはそういう経験はあまりないのかもしれません。

しかも、それは特にもたなくてもとりあえず日常の仕事はまわります。特にリーダーには権限があるので部下は一応言うことを聞いてくれます。しかし、部下が本気になっているかどうかは別の話です。

部下を本気にさせられなかったり、気持ちよく動いてもらえなかったりするのは、多くの場合、リーダーとして人の心を動かす実践経験が圧倒的に不足しているためです。

L研リーダースクールの人間行動学初等科1と初等科2では、通信教育によってこの訓練を行います。最初はほめる技術を学び、その後説得の技術、めげている相手を励ます技術、叱る技術などを訓練します。

これによって自然とリーダーシップやコミュニケーション能力がつき、部下からは慕われるようなリーダーになれるでしょう。

 

—————————-

■リーダーシップ向上に関する参考書籍 佐藤直曉著『リーダー感覚――人を指導する喜び』(鳥影社)

本書はL研リーダースクールの通信講座初等科のメインテキストです。初等科1では、人の心を動かす訓練としてほめる訓練を実践していただきます。初等科2では、説得技術、叱る技術、認める技術を扱います。初等科の講座は、受講生にコミュニケーション技術のアドバイスを行うとともに、受講生の成長を見守っていく実践型プログラムです。

立読みはこちらからどうぞ