三宅パパ のメダリスト育成の秘けつは

重量挙げの三宅さん親子の良いお話です。

「重量挙げのロンドン五輪女子48キロ級銀メダリストの三宅宏実(27)と、コーチで父の義行氏(67)が今年の育児のトレンドを表彰する「第5回ペアレンティングアワード」の「親子部門」を受賞し、11月29日、都内で開かれた授賞式に出席。義行氏はメダリストを生んだ子育ての秘けつを語った。

「本当は音大を卒業してピアノの先生になって欲しかった」と意外な告白をした義行氏。宏実選手の母がピアノの先生をしており、その道に進むことを願っていたという。

宏実選手も「最初はそれが夢だったけど、中学3年生ごろに違うと思い、競技の道に転向した」と経緯を話した。

子育ての方針を聞かれた義行氏は、「子どもは怒らない。褒めて伸ばした」と秘けつ。

「(競技で)何ができて、何ができないのかを一緒になって12年間、取り組んだら良い結果が出た」と事も無げに話した。同席した“新米パパ”の石田純一(58)と魔裟斗(33)は興味深くうなずいていた。

三宅パパ メダリスト育成の秘けつは「怒らない。褒めて伸ばす」 – Infoseek ニュース

三宅さんなんかちょっと怖そうに見えますが、実は優しい人なんでしょう。素敵な親娘でした。

—————————–

ほめる技術を徹底的に行っていくのが、初等科Ⅰの講座です。
L研リーダースクール初等科1

—————————————————————————————-

■リーダーシップ向上に関する参考書籍

佐藤直曉著『リーダー感覚――人を指導する喜び』(鳥影社)

本書はL研リーダースクールの通信講座初等科Ⅰのメインテキストです。初等科Ⅰでは、人の心を動かす訓練としてほめる訓練を実践していただきます。この講座は、受講生に技術的アドバイスを行うとともに、受講生の成長を見守っていく実践型プログラムです。

立読みはこちらからどうぞ