人に教えるときの間とは

新人を教えるときには、基本は怒ったり叱ったりしてはだめですね。

まずは、うまくできたことをほめる。

なぜほめるかといえば、興味をもって自分で研究していく態度を身につけさせることです。

ほめることで、興味が高まります。

何から何まで上で教えなければいけなかったら、手間がかかって仕方ありません。

ほかに興味をもたせる手段にはどんなことがあるか。

====

これは間をうまく使うことなんです。

ひとつ、おもしろい事例を紹介しましょう。詳しくは『リーダー感覚』にあります。

平尾誠二さんというかつて全日本のラグビー監督を務めた方がおります。この人の本に出ていました。

平尾さんは、選手に作戦なり技術なりを説明するとき、さわりだけをちょっと教える。

「最初に、さわりだけを説明しておいて、なぜうまくいったかという手の内は伏せておく」

「じゃあ、このへんで練習終わっとこう」ともったいぶるわけ。すると練習が終わっても選手はやっている。でもなかなかうまくいかない。

「そこで、またぼくがひょこひょこと出て行ってですね、おもむろに(笑)これはこうだからと疑問を解決していく」

こうすると、選手は目の色を変えて,話を聞き、自分でもやってみる。

まあ、焦らしの作戦ということですね。

相手の聞きたい欲求を高めておいて、まだかまだかと焦らす。すると、気分がますます高まる。

そこで、ころはよし、「こうするんだ」

映画の予告編も似たようなもの。

期待させて、焦らせる。すると、食いついてくる。

そうじゃなくて、フォアグラの鴨のように、これでもか、これでもか、と餌を無理矢理胃袋に流し込むように教えたら辟易するでしょう。

—————————————————————————————-

■リーダーシップ向上に関する参考書籍 

佐藤直曉著『リーダー感覚――人を指導する喜び』(鳥影社)

本書はL研リーダースクールの通信講座初等科Ⅰのメインテキストです。初等科Ⅰでは、人の心を動かす訓練としてほめる訓練を実践していただきます。この講座は、受講生に技術的アドバイスを行うとともに、受講生の成長を見守っていく実践型プログラムです。

立読みはこちらからどうぞ

—————————————————————————————

コミュニケーションスキルのなかで、最もベーシックで、応用範囲が広いスキルが、ほめる技術です。

ほめる技術を徹底的に行っていくのが、初等科Ⅰの講座です。L研リーダースクール初等科1