人付き合いが苦手、口下手な人には可能性がある

私は元来内向的な性格で、人と積極的に交わるのは得意ではありません。人見知りするのです。学生時代、ゼミなどで意見を言うのをいつもためらって黙っていました。

人としゃべるときにも話題がみつからず、黙って聞いていることの方が多かったように思います。おとなしい人だと見られていました。

しかし、社会に出ると、こういう態度はハンデになりました。

コンサルティング会社に入るような人は、だいたいが外向的で、自分の考えはこうだ、と積極的に示すのが上手な人が多いのです。

それに比べて、自分は何か言わなければと思うのに、全然思いつかないのです。特に新人歓迎会のようなところで、全然だめ。

これでは、上司だけでなく先輩にすらアピールできませんでした。そんななかで、生き抜くにはどうしたらいいだろうかと真剣に悩みました。

しかし、私のような口べたな人間は、実は大きなメリットがあります。それは「人の話をよく聞ける」という才能です。

人の話を聞くのは結構苦痛なことです。自分の言いたいことを言う方が気分がいいにきまっています。「俺が、俺が」と目立ちたがる人は、なかなか相手のことを観察しようという気にならないものです。

その点、無口な人、口べたな人は、相手を観察することが、比較的苦労なくできます。
こういう人こそL研リーダースクールの通信講座を受講してもらいたいのです。あなたがもしそういう人なら、急激に効果があがります。

また、こういう方のために個人コンサルティングを強化しようと考えています。相談内容は多岐にわたりますが、特にこんな方にお薦めです。

  • コミュニケーションにお悩みの方
    • 部下をうまく使えないで困っている方
    • 部下のやる気を維持できなくてお悩みの方
  • チームの運営に悩んでいる方
    • 部下にうまく指示が伝わらないとお悩みの方
    • 経営者の方で、方向性を模索されている方
  • 自分の強みを知りたい方
    • 自分の方向性にお悩みの方
    • 目標は決まっているが、どうやってキャリア構築していくかお悩みの方

直接面談でご相談にあずかる場合と、skype(テレビ会議あるいは電話のどちらも可)、Facetime、Google+などによるインターネット上でのご相談の2種類に対応しています。

一人でくよくよ悩んでいるくらいなら、第3者と話すことで解決が早くおとずれることも多々あります。

詳しい個人コンサルティングの内容はこちらから

——————————–

■リーダーのコミュニケーションスキルに関する参考書籍『リーダー感覚 指導する喜び』(鳥影社)

ほめる訓練から説得の作法、リーダーの条件などについて詳しくまとめています。また、L研リーダースクールでは、実践的な研修を用意しています。立読みはこちら

—————————–

■リーダーの暗示学

部下やメンバーのやる気を引き出し、能力をフルに発揮させる方法。

相手の潜在意識に働きかけますので、相手が気がつかないうちに元気が出てきます。

「リーダーの暗示学」詳解はこちら

————————————-