commu_120602

個人間のコミュニケーションだけでは解決しない問題

ある工場で改善活動をしようとしているとき、ある職長さんが非常に反対して職場全体の空気を盛り下げている。

そんなとき、リーダーはどういうアプローチをとるでしょうか。

ふつうに考えるのは、なんとかこの職長さんを説得して、改善活動に積極的に向かわせようとすることでしょう。

====

リーダーはこういうとき、対人コミュニケーション能力が必要になります。

どんなことで反対しているのか、何か不快なことがあるのか、あるいは自信がないのか、

対話を通して本音を探り、対策をたてる。支援をする。

これは問題の争点をなんとか処理しようという方法です。

これはこれで大事なのですが、別のアプローチもありうるのです。

しかし、あまりこういうことに多くの人は気がつかないでしょうね。

個人を変えようとしなくても、全体を変えることで、変化をもたらすこともできるのです。

それには、組織のなかで最も動きやすいパーツ(動かしやすい人たち)を振動させる。

すると、それに呼応して別のパーツも振動をはじめる。

そうやって、組織全体に波紋が広がり、振動が隅々まで伝わるようになる。

戦争なんかそういうことが多いですよ。

第一次大戦は、セルビアでしたか、どこでしたかが発火点となって、いろんなところに飛び火したわけでしょう。

会社のなかだって同じことなんですよ。

何を言っているのかわからないかもしれませんが、これが伝動戦略であり、暗示型戦略なんです。

武力ではなくて、思想を伝播することで組織全体を動かすということです。

そうなると、反対する人はだんだん置いてきぼりになっちゃうんです。

反対者を無理やり誘わなくっても、離れ小島になってしまう。

それがいやなら、いっしょに協力しましょうよ、ということですね。

詳しくはこちらを参照してください。

暗示型戦略とは暗示型戦略の詳細解説はこちら