優秀すぎるリーダーに対する部下の対策は?

優秀すぎるリーダーは、全部自分でやってしまう。部下になかなか仕事を任せない。部下のやることに納得できないからでしょう。たしかに部下よりうまくできる。

しかし、いつまでもこのようなことを続けていると、なにからなにまで自分でやる結果、大きな仕事ができなくなります。

9種のリーダーにはよくあることです。こういう人はあきらめて全部自分でやる。大きな会社にしないのがいちばんです。

もし、そういうリーダーについたらどうするか?

====

これはかなりたいへんですが、対策としては二種類あります。

ひとつは、リーダーの感受性をよく理解して、それにふさわしい形で提案したりコミュニケーションをとること。

部下にとって、リーダーは顧客のようなものですから、顧客対応の訓練にもなるでしょう。

感受性をL研リーダースクールの初等人間行動学科で学んでください。初等科でもバカにはできません。基礎からしっかりやった方が、あとで頂上に到達する時間は短いと思います。

もうひとつは、自分なりのアイデアを出すことです。リーダーにない発想を示すとたいへん評価されます。

一人の人間の思考範囲などたかがしれていますから、チャンスはおおいにあります。

リーダーが驚くような発想を示しましょう。

優秀なリーダーなら、その価値を認めてくれるでしょう。