感受性に基づいて相手のやる気を引き出す

暗示といってもそれほど難しいことではありません。要は、相手にこちらの狙いどおりの空想を与えること。

空想が生まれると、それに沿って人間行動が起きるので、暗示はリーダーにとってとても重要なコミュニケーション技術となります。

====

以下は拙著「リーダーの暗示学」よりもってきました。

レポートの提出期限が迫っているのに、少しも筆が進まず悩んでいる人がいた。その人が私に「どうしよう」と、相談するともなく話しかけてきた。

私はとっさにこう答えた。

「君は学生時代、試験の目前になると、徹夜、徹夜の連続で、いつも切り抜けてきたではないか。しかも、準備していないわりに、成績は優秀だった。君はあまり準備してやるタイプではない。要領よくサッと瞬発力でやるタイプなのだから、きっと今度も大丈夫だよ」

これは、本人が自分の性格や行動パターンを自認している場合の言葉かけであり、暗示なのである。

つまり、相手に、自分の性格どおりにやればうまくいくと示唆する暗示である。

実は、この人は利害損得・合理性に敏感に反応するタイプ(前後型5種のこと)であった。そこで私は、今の状況が、その人の感受性にぴったりかなっていると指摘したのである。

この場合、相手も自分の感受性傾向を知っていたから、私の暗示は無理のないものと受け止められたのである。

とにかく、こういう人は期限ギリギリにならないとやる気にならないのだから、良くも悪くもこう言うしかないと私は思ったのである。ただ、私はそれだけでは少し心配だったので、そのあとこうつけ加えた。

「書けなくともいいから、一日五分でいいから、とにかく机に座って、なんでもいいから思いついたことを書いてみろ」

これは、小さな行動をとらせながら、だんだん本気にさせていく暗示である。これについては、あとの項で説明する。

その人が私の言うとおりやったかどうかは疑わしいが、目に輝きが現れていたから、少なくとも元気はわいたはずだ。

—————————————-

このように感受性を利用しながら相手にアドバイスをすることは、とても効果があります。

このケースで私がやったことは、要するに「まあ、がんばりなさい」と言っただけです。勇気が出ればあとは本人ががんばるでしょう。こちらができるのはそこまでです。そこから先は本人次第。