新任リーダーがコミュニケーションで気をつけること

新任のリーダーが気をつけなければいけないことをまとめておきます。

第一に、部署の課題をうまく設定できるようになること。

それには問題の優先順位をつけること。これはマネジメントの基本ですから、いまさら言うまでもありませんが、あえて言います。

====

第二は、ネットワーク作り

自分の部署だけでなく、全社的なネットワークをつくる必要があります。部下のことより、自分の上司との関係がもっと大事、ということもよくあります。上司から重要な情報やリソースを提供されることはよくありますから、これは大事にしないといけません。

第三が、部署のチーム力を底上げすること

これはさらに分解します。

ひとつは部下の指導育成

部下の能力が向上すれば、どんどん仕事を任せられるようになります。そのためのコミュニケーション方法が問題です。

当ブログはこの問題について主として取り上げています。また、L研リーダースクールの初等人間行動学科などの通信講座もこの面で特に役に立ちます。

もうひとつは、チームワークを育むこと

そのためには自分だけではなく、部下にも部署の業務遂行に、責任を持って取り組んでもらうようにすることが必要です。そのための、コミュニケーションと仕事の分担、仕組みの設定などを考える必要があります。

チームワークを育むためのコミュニケーションについてはL研リーダースクールの中等人間行動学科などが参考になります。