看護師さんの人間関係のお悩み

最近看護師さんからの検索がL研リーダースクールにかなり多いようです。

職場の人間関係がたいへんだという掲示板などもよく見かけます。

 「看護師はキツイ人が多いですよ。

というか思い上がった人間もかなりいます。

まあ、自分も看護師ですが正直ウンザリしています

やはり重要なことは今やっていることが本当にやりたいことかどうかでしょうね
それならば、ある程度耐えられるでしょう
他には、自分自身を変革させることですね」

なかなかたいへんそうです。

今やっていることが本当にやりたいかどうかは、私にはお手伝いはできませんが、

自分自身を変革させるためのヒントならば提供できるかもしれません。

いちばん良い方法は、

  • コミュニケーションスキルを学ぶこと
  • 実はそれ以上に大事なのが人間の感受性を学ぶことです

コミュニケーションスキルについては、L研リーダースクールの初等科1と2で学べます。

これはいつも言っておりますから、今回は省略。

人間の感受性を学ぶことが、人付き合いにはいちばんいいと私は思います。

たとえば、あるタイプの人は、上司にはぺこぺこするのですが、下の者には極めておうへいで手荒く扱います。

また、別のタイプの人は、下の者に非常に優しく、同僚や上の者に厳しく当たります。

どういうタイプの人間かがわかれば、あきらめもつきます。

また、“かわす”方法も生まれます。

そういうことをお教えするのが、初等科3です。人間分析ゼミと呼んでいます。

人間を学んでいくのがとてもよいと思います。

初等科3は、無料です。ただし、初等科1と2を終了された方のみ受講できます。

これは、私の考えに賛同していただける人でないと、学んでも効果がないと思うからです。

できれば、みなさんが勉強していただけるとよいのですけれどね。

近いうちに、看護師リーダー専門のブログを起こそうかと計画しています。

追記看護師ブログはこちらです

■リーダーシップ向上に関する参考書籍

佐藤直曉著『リーダー感覚――人を指導する喜び』(鳥影社)

本書はL研リーダースクールの通信講座初等科Ⅰのメインテキストです。初等科Ⅰでは、人の心を動かす訓練としてほめる訓練を実践していただきます。この講座は、受講生に技術的アドバイスを行うとともに、受講生の成長を見守っていく実践型プログラムです。

立読みはこちらからどうぞ

コミュニケーションスキルのなかで、最もベーシックで、応用範囲が広いスキルが、ほめる技術です。

ほめる技術を徹底的に行っていくのが、初等科Ⅰの講座です。L研リーダースクール初等科1