職場の人間関係がまずい人

先輩がなかなか教えてくれない。指示はするが、具体的な方法を教えてもらえないで困っている人がいます。

こんなときは、上司に相談することも大事でしょう。

しかし、ここは人間関係改善を訓練するよい機会だと思って、ほめる実践をすることです。

====

問題は、相手が何をほめたら喜ぶか。ここが人間を見るセンス。

見当外れなことを言っても効果無し。

思いがけないことを喜んだりするから人間はおもしろい。

ともかく、最初はなんとかしてほめようと思うことです。

それと、人間のタイプを勉強すること。感受性の勉強と私は呼んでいます。10種類あります。

ほめるヒントは「リーダー感覚」でいいでしょう。

■リーダー感覚に関する参考書籍

本稿は佐藤直曉著『リーダー感覚――人を指導する喜び』(鳥影社)の一部を抜粋引用しながら、加筆したものです。

本書は、リーダーシップを実践的につける訓練法を紹介しています。極めて泥臭い現実的な方法論です。特に初任リーダーはまずここからお入りください。

解説はこちらからどうぞ

人間の感受性分析は「リーダーの人間行動学」でいいでしょう。

L研リーダースクールでこれらの本を買うと、「行動分析の手引」をプレゼントします。感受性のタイプを簡単にまとめたものですので、これを読んでみてください。人間が少しわかりはじめます。

お金に余裕があれば、L研リーダースクールの初等科1を受ければ、ヒントがもっとえられるでしょう。特にL研プラチナ会員になると、サポートがいろいろ得られます。