自発性を発揮させるコミュニケーション・スキル

人間が最も自己の能力を発揮できるのは、自発性を発揮できるときです。

上司から「あれやれ、これやれ」と命令されるよりは、「これおもしろいから、やってみたいなあ」と思ってやった方がやる気が出るのは当然でしょう。

そのような視点でコミュニケーション・スキルを考えてみることも必要でしょう。そうすると、また違った奥行きがスキルに生まれると思います。

====

リーダーの究極の目標は、部下が自発的に仕事を工夫して、楽しんで仕事をやってもらえるような環境を整備することだろうと、私は思っています。

最近ではほめることがさかんにマスコミで取り上げられています。

ほめられれば、まあたいていうれしいわけですが、そこをさらに進めて、自発性が発揮できるようにまでほめるにはどうしたらよいでしょうか。そうなるとリーダーとしては相当頭を使わないといけませんよね。

たとえば、相手の状況によってずいぶんやり方を変えないといけません。

初心者には、仕事に興味をもたせることがまず大切でしょう。それには、まずリーダー自身が仕事を楽しんでいないといけない。そして進歩をほめることです。また、くじけたら励ますことです。

中堅には、創意工夫できる余地を与えないといけません。その創意工夫に焦点をあててほめることも大事でしょう。

ほめて、ただいい気分にさせるだけでは、技術とは言えませんね。

—————————————————————————————-

■リーダー感覚に関する参考書籍

本稿は佐藤直曉著『リーダー感覚――人を指導する喜び』(鳥影社)の一部を抜粋引用しながら、加筆したものです。

本書は、リーダーシップを実践的につける訓練法を紹介しています。極めて泥臭い現実的な方法論です。特に初任リーダーはまずここからお入りください。

解説はこちらからどうぞ