負けず嫌いの人を説得したケース

相手の考えを変えることは難しい、というより不可能なことです。

他人ができることは、新しい考えが、相手の信じる価値基準にふさわしいものだと納得させることしかありません。

====

以下は、コーチングの神様として著名なマーシャル・ゴールドスミス氏の著書『コーチングの神様が教える「できる人」の法則』から引用しました。

「ジョンはCOOの最有力候補だったので、CEOは私に太助を求めてきた。彼の性格のとげとげしい部分を柔らげる必要があった。

ジョンの問題は勝ちたいという気持ちが強すぎる点だった。つねに直属の部下よりも一歩先んじようとしていることからもそれは明らかだった。彼は自分の提案の方が優れているとして、いつも部下のアイデアを訂正したりした。」

ゴールドスミスがこの厄介な人物を変えた方法は、結局このようなものでした。

「彼を変わる気にさせたのは、そうしないとライバルに遅れをとるというおぞましい考えだった。すばらしく高潔な動機とはいえないが、人が変わろうとする理由を私は問わない。私の関心は、彼らが変わること、それだけだ」

私の人間分析学からすると、こういうタイプは捻れ型といって、勝ち負けにとてもやかましいタイプです。このような人に勝ち負けを気にするなといっても無理なのです。

ですから、ゴールドスミスがやった「このままでは負けるぞ」と説得することが唯一の方法だったと思います。

————————————

■人間分析のテキスト

佐藤直曉著『リーダーの人間行動学』では、人間の行動基準パターンとその理論を紹介しながら、歴史上の人物の行動分析を行っています。扱っている人物は、南極探検家スコット、乃木希典、空海と最澄、ショパンとジョルジュサンドです。 いずれも、極めてユニークな個性の持ち主ですので、特徴がわかりやすく、理解しやすくなっています。各人物には、それぞれ質問を用意してありますので、読者はそれを考えれば、一層人間分析の意味が理解できるでしょう。本書はL研リーダースクールの人間分析科のテキストです。

リーダーの人間行動学の立読みはこちらから

—————————————————————————————-

■リーダーシップ向上に関する参考書籍

佐藤直曉著『リーダー感覚――人を指導する喜び』(鳥影社)

本書はL研リーダースクールの通信講座初等科Ⅰのメインテキストです。初等科Ⅰでは、人の心を動かす訓練としてほめる訓練を実践していただきます。この講座は、受講生に技術的アドバイスを行うとともに、受講生の成長を見守っていく実践型プログラムです。

立読みはこちらからどうぞ