非対立的アプローチのコミュニケーション戦略

どんな人ともコミュニケーションをよくするのは理想ですが、そうは問屋がおろさない。

そこで、チームや組織内で自分の主張を通すためには、対個人のコミュニケーション・スキルとは別のコミュニケーション戦略が必要になります。

====

経営コンサルタントのトム・ピーターズの言葉から。

「労使交渉をリードする人、伝導に生涯を捧げる人は、たった一つのルールにしたがってゲームを進める。

まずは心熱き同志や信者を募って足場を固め、それから周囲に影響されやすい人を味方に取り込んでいき、

目指すものが必然の流れになるまで、敵のことは忘れる。(中略)

(そして、敵の中傷、攻撃や抵抗を気にせず)自分の信念にしたがって、黙々と仕事をする。

味方を増やすことに全力をあげる。

そして、あるとき気がつけば、傍流が本流になり、敵は大河に取り残された中洲になっている」

引用:「トムピーターズのサラリーマン大逆襲2セクシープロジェクトで差をつけろ」(TBSブリタニカ、訳者仁平和夫)