ITエンジニアが求めるヒューマンスキルをつけるL研リーダー講座

ITエンジニアが求めているビジネス能力とはどのようなものでしょうか。

やや古い調査データですが、@IT自分戦略研究所とJOB@ITが実施した読者調査(調査期間2009年11月5日~11月16日、集計サンプル数764件)をご紹介しましょう。

引用:読者調査結果:IT技術者の2人に1人が欲しがる「リーダーシップ」 (1/2) – ITmedia キャリア

「ビジネス・ヒューマンスキル」カテゴリにおいて、身に付けたいスキル1位は「リーダーシップ・コーチング」スキル(51.6%)。

僅差で「プロジェクトマネジメント」(50.3%)が続き、去年1位だった「英語」は3位だった。

2人に1人が「リーダーシップ・コーチング」「プロジェクトマネジメント」スキルを獲得したいと考えている一方で、「現在身に付けている」と回答した人は、20%台にとどまっている (図2:「ビジネス・ヒューマンスキル」保有状況)。

スクリーンショット 2013 06 24 18 07 46

====

リーダーシップとかコーチングが上位に来るということは、ITエンジニアとして成長していく過程で、チームリーダーとしての仕事が重要になるということを多くの人が感じているということでしょう。

現在L研リーダースクールでは、コミュニケーションスキルと戦略思考の基礎能力をつけるための「技術リーダーのためのヒューマンスキル講座」がございます。

L研リーダースクールでは、リーダーシップやコミュニケーション・スキルについて、難しい理論を説明するつもりはまったくありません。

リーダーシップを身につけるのに、なにかすごいことをしなければいけないことはありません。やさしいことを淡々と積みかさねていけばよいのです。

ただ、合理的なメソッドを辛抱強く(といってもたかだか最短で9週間、長期間講座でも6ヶ月程度のこと)を行うことで、コミュニケーションスキルの核をつくることができます。

核さえ作れば、あとは雪だるまがだんだん成長するように、リーダーの感覚は成長していきます。

最初の核作りが少々たいへんなのです。そこをカウンセリングを含めて、サポートしていくのがL研リーダースクール方式です。

戦略思考については、戦略手法をお教えすることはいたしません。手法をいくら勉強しても問題を解く能力はつきません。

これには7時間あればよいのです。組織を扱う上での基本的な知識と感覚をまずつくるーーこれがL研リーダースクール方式です。ただし、それが身につくためには、実戦訓練が必要です。こちらはご自分で何年も辛抱強く行う必要があります。

この自己研鑽プロセスが勉強では一番大事なのは言うまでもありません。間違った方向に行かないように、L研リーダースクールではコンサルティングを行いがながら、受講生の進歩をサポートします。

 

詳細はエンジニアのためのヒューマンスキル講座