コミュニケーションとは似て非なる問題2

先日も同じ題で投稿しましたが、コミュニケーションの問題と組織上の問題とはごっちゃになりやすいので、よく考える必用があると思います。以下は、あるIT企業での事例ですが、問題をコミュニケーションであると決めつけて考察しています。でも、少し違うのではないかと思うのです。

====

内容は、「エグゼクティブのための人財育成塾:SEのコミュニケーション能力向上がITを「武器」に変える~その3 (2/3) – ITmedia エグゼクティブ」より引用しました。

「A君は、入社3年目のプログラマーである。情報工学を大学で専攻していた事もあり、プログラミングには大変自信を持っている。ITに関する知識は、社内の同期の間でも定評がある。そのため、少々難しいプログラムでも短時間でコーディングできるのだが、ケアレスミスが多いのが欠点である。現在従事しているプロジェクトでも、上司であるSEのBさんから注意するように時折指導を受けている。

要件定義フェーズの終盤で、ユーザーからある機能のプロトタイプを見せて欲しいとの要望が出た。Bさんは、A君に依頼しプロトタイプを作成してユーザーに見せたところ、重要な部分ではなかったが細かな部分で要件定義の内容と違っていると数多くの指摘を受けた。その結果を受け、BさんとA 君はPMである課長からユーザーの信頼を失うと指摘され、特にA君のケアレスミスに関しては仕事の基本ができていないと厳しく叱責された。そこで、BさんはA君にフォローの指導をすることにした。」

この問題は、A君が仕事の前にチェックリストを書く手間を省き、チェックをよくせず自分の好きなように仕事を仕上げてしまったのが原因とされています。

そこで、A君の気持ちを害さないように注意をしているBさんの様子が、このあと述べられています。

しかし、まだ不十分であり、Aさんの論理についての配慮がないことが示されています。

この記事を読んで、私は奇妙な感じがしました。ケースですから、本当の姿は違うのかもしれませんが、もしこれが事実であるなら、おかしなことなのです。

それは上司であるBさんが、品質チェックにまったくかかわっていないことです。つまり丸投げしているのです。

もし、事実なら、こちらの方がより重大な問題です。商品をつくる者とチェックする者とは別々にするというのが常識でしょう。一人企業ならいざしらず、そこそこの企業なのでしょうから。

この記事を書いた人は、それがAさんが言いたかったことだと言いたいのでしょうか。それはわかりません。

しかし、記事を読んでいると、どうもそうは思っていないようにとれます。

部下を指導するさいのコミュニケーションの問題としてこのケースは書かれていますが、なにもかもコミュニケーションの問題ではない。組織の仕組み自体が間違っていることもありますので、そこは気をつけないといけないと思いますね。

—————————————————————————————-

■リーダーシップ向上に関する参考書籍

佐藤直曉著『リーダー感覚――人を指導する喜び』(鳥影社)

本書はL研リーダースクールの通信講座初等科Ⅰのメインテキストです。初等科Ⅰでは、人の心を動かす訓練としてほめる訓練を実践していただきます。この講座は、受講生に技術的アドバイスを行うとともに、受講生の成長を見守っていく実践型プログラムです。

立読みはこちらからどうぞ