二つの指導法から考えるリーダー育成2

前回「二つの指導法から考えるリーダー育成1」のつづき

前回触れた宮大工の教育方針の特徴は、弟子が自ら創意工夫する態度を促すこと、そして教えすぎないことでした。とにかく自分で考えさせ、自分で努力させること。これがないと勘は育たない、技術は身につかない、ということのようです。プロを目指す人にはこういう指導法が有効でしょう。

では、現代のビジネスマンにはどういった教育がされているか。

西岡棟梁のような方法はまず採用できないでしょう。その代わり、やり方や答えを順序良くマニュアル化して教える方法が一般化しています。

====

一見すると、知識の習得においては、このほうが効率がよいように見えます。

しかし、マニュアル教育ばかり受けていますと、自分で頭を使わないのですから、絶対バカになりますね。私がよく引用するジョークがあります。

あるファースト・フード店でハンバーガー三十人分を注文したら、「こちらでお召し上がりになりますか、それともお持ち帰りになりますか」と聞かれたとか。

こういうジョークが生まれる背景には、仕事に対する感動の欠如があるのではないかと思います。

マニュアルどおりやって問題がなければ、能力を発揮しようがないし、だいいち感動がありません。それではそこから先、伸びるはずがないでしょう。それがお店側の狙いなのですから、それはそれで構いませんが……。

企業では時間のかかるやり方はますます採用されにくくなっています。マニュアル教育が全盛となり、試行錯誤の時間は極力減らすように求められています。

上司も上司で、結果がすぐほしいので、「そんなくだらないことを考えていないで、俺の言うとおりにさっさとやれ」と怒鳴るばかりです。

本当は〝急がばまわれ〟なのに、それが現代社会の要請ですから、仕方ないといえば仕方ないのかもしれません。

しかし、バカになりたくないと思うビジネスマンなら、そこは自分で自己啓発するしかないでしょう。自分で必要な内容を自分でみつけてきて、自分で吸収することです。

引用:佐藤直曉著『リーダー感覚』)解説と立読み

k5