ほめる訓練だけで会話がはずまないことは避けられる

commu_120602

コミュニケーション力がないということで、いろいろなスクールに出かけられている方がいると思います。

  • 何を話して良いかわからない
  • 会話になると相手がいつもつまらなそうにしている
  • 会話が弾まない
  • 暗い表情だと言われる
  • 質問が思い浮かばない

そういう人は、相手から何かを引き出してあげるつもりになればいいのです。

そこで、「オウム返し法」を学ぶ?

====

例えば、会話の相手がこう愚痴を言ったとします。

「昨日さあ~上司に怒られちゃってさ。。書類のミスが多いって・・・ 明日仕事いきたくねえよお」

このとき相手の言葉を繰り返すのだそうです。

「いきたくねえのか・・・」

自分の主観を全く入れずに、そのまんま相手の言葉を繰り返す。

相手が興奮していれば、ますます勢いづいて

「そうさ、もう顔も見たくねえよ、そもそもあの上司はさあ……」と話が続くかもしれません。おもいもよらぬ情報が聴けるかもしれません。

しかしねえ、いつもそんなにうまくいきますかねえ。そんな単純な方法で。

そんなことを言うよりは、いつも注意深くまわりの人間を観察しておいて、

「君にはこれこれこういう優れた点があるのに、あの上司は気がつかないのかねえ」とでも言った方が喜ばれるでしょう。

ほめる訓練をしていれば、こういうことはまったく苦にならなくできるようになります。

だいたい、会話が続かなくないときには、相手のよいところをほめればいいんですよ。

営業マンもおんなじ。顧客をほめる。ほめるところを素早く見つける。

ほめる訓練をつづければ、会話が続かなくて怖くなることも少なくなると思いますよ。

ほめる訓練はL研リーダースクールでは初等科および新設のコミュニケーション科で学ぶことができます。この通信講座では、いろいろなほめるバリエーションを学びながら、職場で実践訓練をしていただくようになっています。

コミュニケーション科はリーダーのためにコミュニケーション能力強化に特化したコースです。コミュニケーションの実践訓練と同時に、人間分析の考え方や実例を学ぶことができます。

—————————————————————————————-

7月人間分析法セミナーのお知らせ

日時:7月24日(木) 午後1時から午後4時
場所:東京 銀座会場(人数によっては会場を変更する場合があります)
定員:10名程度
費用:5,400円(税込み)
テーマ:人間分析法(感受性のタイプの理解)

人間分析法について、基本的なポイントを解説したのち、いくつかのタイプについて詳しく解説していきます。

詳細・お申し込みはこちらから

—————————————————————————————-

■関連資料:佐藤直曉著『リーダーの人間行動学』
人間の行動基準パターンとその理論を簡単に紹介しながら、応用として、歴史上の人物の行動分析を行っています。歴史上の人物には極めて強い個性をもっている人が多く、そのため特徴がはっきりでやすく、人間分析が比較的容易です。したがって、勉強材料としてとてもよいのです。

扱っている人物は、南極探検家スコット、乃木希典、空海と最澄、ショパンとジョルジュサンドです。 いずれも、極めてユニークな個性の持ち主ですので、特徴がわかりやすく、理解しやすくなっています。

各人物には、それぞれ質問を用意してありますので、読者はそれを考えれば、一層人間分析の意味が理解できるでしょう。
リーダーの人間分析講座,コミュニケーション力をつける-リーダーの人間行動学

立読み:こちらからどうぞ

■感受性メルマガ メルマガで感受性を解説しています。申し込みはこちら

—————————————————————————————-

■リーダーシップ向上に関する参考書籍 

佐藤直曉著『リーダー感覚――人を指導する喜び』(鳥影社)

本書はL研リーダースクールの通信講座初等科、中等科のメインテキストです。初等科では、人の心を動かす訓練としてほめる訓練を実践していただきます。この講座は、受講生に技術的アドバイスを行うとともに、受講生の成長を見守っていく実践型プログラムです。さらに、人間分析法として、人間の価値観10タイプの解説を動画で提供しています。

立読みはこちらからどうぞ

「話をすることがない」沈黙の苦痛がなくなる対策とは

更新が遅れ気味で申し訳ありません。

話をすることがない、という人がいると思います。沈黙というのは人によってはずいぶん苦痛なもの。

ビジネスでの打ち合わせや商談時に、本題に入る前のちょっとした雑談は付きもの。

他愛のない内容でも、その場で上手に相手とコミュニケーションが図れれば、その後のやり取りもスムーズに進むはず。

いちばん使いやすいのが「天気」。

これで最後まで会話をつづけるのは難しいのですが、導入のきっかけにはたいへん便利です。

少しうちとけたら、いよいよ会話のスタート。

====

会話の相手がいちばん喜ぶのは「自分がしたことのない体験談」だそうです。

話題のテーマとして興味をひくのは、「健康」「お金儲け」「異性」とこんなところでしょう。

私の場合は、整体を長い間勉強していますから、そこに話題をもっていきます。

自分のことでもいいんですよ。

「昨日は遅くまで仕事をしていて、もう目がくたくたなんです」

こう言っておいて、整体の話にもっていく。

「それで、寝る前に目の温湿布をしたんです。これがたいへんよく聞く。実は整体の先生に聞いた方法なんですがね」

ほとんどの人が健康に興味をもっているので、ここから先はいかようにも話題を発展させられます。

なんでもいいのですが、なにか趣味とか特技をもっているのはいいことです。うまくそこに話をもっていけばいいのですから。

以下はファッションデザイナーの芦田淳さんのエピソード。

マンスフィールド元駐日米国大使が日本に赴任してきたときのレセプションパーティーでのこと。

社交辞令を済ませてさっさと帰ろうと思っていた芦田さんでしたが、たまたま大使が目の前にいたので、勇気を振り絞って声をかけたそうです。

「大使、すてきなスーツをお召しですね」

すると大使も

「君もいいワイシャツを着ているじゃないか」といたずらっぽく答えました。

その瞬間、その場の空気がパッと和んだそうです。

私も、その真似をして「姿勢がすばらしい。整体的に見てとてもいい」とこうほめれば、相手の人も乗ってきますよ。

うまく話題を自分の得意な土俵に乗せることを考えてみたらどうでしょう。

その前に、その土俵作りをしないといけませんけどね。時間はかかりますが、自分が
好きなことを続けていけば、自然にできますよ。

 

年上の人とのコミュニケーション法

commu_120602

よく「爺殺し」などと呼ばれる経営者や営業マンがおります。

年長者と仲良くなるのは、ふつうの人にとっては難しいと思います。

やはり同年代の人の方が話はしやすい。

それは「共通項」が多いので、話もあいやすいからでしょう。

ところが、そういう壁をまったく苦にしない人たちがいるわけです。

いったい、どういったコツがあるのでしょうか?

====

こういう人は、自然に年長者に好かれる態度をとれているのでしょう。

コミュニケーションでは、共通の経験をもつことが大事だと言われています。

共感が得られることを関係性などと呼ぶこともありますが、この関係性をつくりにくい世代の壁をどうやってクリアしているのでしょうか。

私は実のところそういう人と会ったことがないので、あくまで推測ですが、いくつか考えつくことをあげてみます。

一つは、相手の心の空白を埋めること。

これは一人暮らし老人に対する詐欺師に見られる行動ですが、とにかく親切にする。

仏壇に線香をあげさせてもらう、ご飯をつくってあげる、などなど。

そうやって信頼を得てからおもむろに、実は「カネが足りない。親が入院した」などと言う。

次は、成功した人に対する対応。

自分の若い頃もそうだったなと思い出させる行動をとる。

たとえば、苦労して成功した人に対して、ちょうど自分の若い頃のようだと思わせる。

楽天の三木谷さんなんか、こういう感じだったのかもしれません。

ただし、このときは条件がある。

きちんとスーツを着ていること。

いまはやりのヘアスタイルだとか、先のとがった靴なんかでは相手に毛嫌いされます。

ですから、身なりはとにかくオーソドックスでないといけません。やはり同類と思われませんとね。

そして、一生懸命仕事に打ち込んでいる姿勢を見せなければいけないのは当然です。

さらに積極的に教えを請うこと。

人は教えることが大好きなんです。そこをつく。

ただし、教えを請うにも方法があります。それをはずすとかえってバカにされます。

どういうふうにもっていくべきなのか。

拙著『リーダー感覚』に書いてありますから、興味のある人は読んでください。ははは。

■リーダーシップ向上に関する参考書籍 

佐藤直曉著『リーダー感覚――人を指導する喜び』(鳥影社)

本書はL研リーダースクールの通信講座初等科1、初等科2のメインテキストです。初等科1では、人の心を動かす訓練としてほめる訓練を実践していただきます。この講座は、受講生に技術的アドバイスを行うとともに、受講生の成長を見守っていく実践型プログラムです。

立読みはこちらからどうぞ

—————————————————————————————

コミュニケーションスキルのなかで、最もベーシックで、応用範囲が広いスキルが、ほめる技術です。

ほめる技術を徹底的に行っていくのが、初等科1の講座です。L研リーダースクール初等科1

 

—————————————————————————————

コミュニケーションスキルのなかで、高度なスキルを練習する応用講座が、初等科2の講座です。

L研リーダースクール初等科2

 

 

責任をとりたがらない人への対策

リーダーみたいな存在にはなりたいけど、それに伴う責任は被りたくないという人がいますね。

例えば、ある企画に対する意見や反論は極めて手厳しい。

会議では非常に率先的に発言する。

ところが、「じゃあ、それでよろしく」と言えば、

「自分にリーダーは荷が重すぎます」と言って断固拒否の姿勢を崩さない。

====

まあ、頭が良くて口はたつ。評論家に向いている人です。

二種には特に多い。

役人のような気質です。自分で責任はとりたくない。

もし責任をとる立場に立つと、胃潰瘍になります。

決断には向かない人間だと思って、言わせておけばいいでしょう。

「最後は俺が責任をとる」と言って、細かい作業をやってもらうのもいいでしょう。

それから、三種的な人にもこういうタイプがおります。これについては別の機会に説明しましょう。 

どんなときにも優しい言葉を:コミュニケーションの戦術

北辰一刀流の千葉周作は、合理的な人で有名でしたね。

多くの道場が神がかりの技を宣伝するとき、千葉道場はもっぱら技術オンリー、よけいな精神論を排除した稽古スタイルをとりいれていました。

たとえば、竹刀の活用がそれ。これでケガが少なくなり、稽古量が増えました。

竹刀は邪道という声にも屈せず、やがて他の道場で8年かかるところを千葉道場は3年でマスターできると評判になりました。

この千葉周作にはこんなエピソードがあります。

====

あるとき道場破りがやってきて試合を申し込まれました。

相手になったところ、なんのことはない、たいへん弱い相手。徹底的にたたきのめしました。

さて、ふつうなら、「馬鹿め」とか言って道場の門からたたき出すでしょう。

よく時代劇ドラマにそんなのがありますね。

ところが、千葉周作はそういう下手はしない。

なんと、別室にその相手を招いて、ごちそうをふるまうのです。そして、

「貴殿の技には驚嘆いたしました。天下広しといえどもあのような技を見たことはありません。今日はよいものを見せていただきました。そのお礼と申してはなんですが、さあ、どうぞ召し上がってください」

とか言っちゃって、酒でも呑ます。

なぜ、千葉はこんなことをしたのか。

「あとで恨みをかったら災いになる。だから、叩いた相手には必ずこうやっておくのだ」と門弟に言っていたそうです。

これぞコミュニケーションの戦術です。

目的は試合に勝ち、そのために相手を激しく叩くこと。それはそれでいいのです。

しかし、コミュニケーションの戦術はそれによるデメリットをカバーしないといけません。

目的が激しいものであっても、それに呼応するかのように激しい言葉を浴びせたら、恨みをかってあとでブスッと刺されるかもしれません。

それを理解している者は、自らを守ることになる。

—————————————————————————————-

■リーダーシップ向上に関する参考書籍 

佐藤直曉著『リーダー感覚――人を指導する喜び』(鳥影社)

本書はL研リーダースクールの通信講座初等科Ⅰのメインテキストです。初等科Ⅰでは、人の心を動かす訓練としてほめる訓練を実践していただきます。この講座は、受講生に技術的アドバイスを行うとともに、受講生の成長を見守っていく実践型プログラムです。

立読みはこちらからどうぞ

 

—————————————————————————————

コミュニケーションスキルのなかで、最もベーシックで、応用範囲が広いスキルが、ほめる技術です。

ほめる技術を徹底的に行っていくのが、初等科Ⅰの講座です。L研リーダースクール初等科1

看護職場で人間関係に悩む人

今日は看護師のお悩み相談のサイトから題材をとりました。先輩とうまくいかない後輩看護師さんのこんなお悩みが載っています。

====

「少しでも役に立ちたいと思って自分に出来ることを探し、
必死に働こうとすると「余計なことはしなくて良い」との言動を受ける。
手を出して怒られたから・・・、と大人しくしていると
『動こうともしないで、役立たず』と責められる・・・。

動いても、動かなくても責められる・・・

いったいどうして欲しいのか、理解不能です。
『手を出すな』と言っておきながら『手伝え』は矛盾していると思います。
そんなことは不可能です。

このような先輩に対し、どのようなお付き合いをするのが最良なのでしょう。
因みに『手伝えることはありますか?』と聞いても『ない』と言われます。

同じように悩んでいる方の他、後輩に対してこのように接している方から
意見を頂きたいです。」

理解不能。どうして欲しいのですか?(動いても、動かなくても責められる・・・):看護師お悩み相談室

この相談に対して割りと多かった回答は、「手を貸すタイミングをもっと考えた方がよい」というものです。

そうなんんでしょうね。

読んだ印象では、この先輩看護師は9種的だと思いました。愛情は非常に深いので、看病人に対しては非常に尽くします。

ただ、9種は自分でなにもかもやらないと気がすまない。人に手出しされるのをとても嫌います。だから、人が看護にのこのこやってくるのを毛嫌いします。

それと、「察せよ」という感じで、人に絶対いちいち説明しない。独断と偏見の人といえます。

こういう人は“相手の気持ち“に非常に敏感なたちなので、相手の気がこもっていないと受け付けません。その代わり、気がこもっていると非常に喜びます。

一生懸命先輩の姿を観察して勉強しよう、技術を盗もう、というような態度を見せれば、喜んでくれるでしょうね。

L研リーダースクールの初等科1と初等科2を卒業した方には、人間分析科で人間の見方をお教えしています。これを勉強すると、相手が見えてきて人間関係が随分楽になるのですがね。

————————————

■人間分析のテキスト

佐藤直曉著『リーダーの人間行動学』では、人間の行動基準パターンとその理論を紹介しながら、歴史上の人物の行動分析を行っています。扱っている人物は、南極探検家スコット、乃木希典、空海と最澄、ショパンとジョルジュサンドです。 いずれも、極めてユニークな個性の持ち主ですので、特徴がわかりやすく、理解しやすくなっています。各人物には、それぞれ質問を用意してありますので、読者はそれを考えれば、一層人間分析の意味が理解できるでしょう。本書はL研リーダースクールの人間分析科のテキストです。

リーダーの人間行動学の立読みはこちらから

—————————————————————————————-

■リーダーシップ向上に関する参考書籍

佐藤直曉著『リーダー感覚――人を指導する喜び』(鳥影社)

本書はL研リーダースクールの通信講座初等科Ⅰのメインテキストです。初等科Ⅰでは、人の心を動かす訓練としてほめる訓練を実践していただきます。この講座は、受講生に技術的アドバイスを行うとともに、受講生の成長を見守っていく実践型プログラムです。

立読みはこちらからどうぞ

上司との相性

「前の上司の下ではリーダーとしてうまくいっていたが、今の上司が異動してきてからは、相手の話が頭に残らないことも多く、勘違い行動をしてミスをしてしまうことが増え、上司から信頼を得られない」というような人がおりました。

仕事ぶりが変わらないのであれば、これはコミュニケーション以前の、リーダーとの相性を考えないといけません。これはなかなか難しい面があります。

====

相性というのは、詰まるところ、お互いの行動基準(感受性と呼ぶ)が異なることから生じます。感受性が違うと、細かいところがあれこれ異ってきます。

====

行動パターンばかりでなく、思考パターン、物事にたいする好みも異なります。ですから、つきあうに従い、大きな不満や違和感が生じてしまいます。

こういうとこには、ともかく相手の感受性を理解する必要があります。そうすれば、ある程度理性的な対応が可能になります。

残念ながら、部下はリーダーの行動基準に合わせて仕事をするしかありません。それがいやなら、異動するか会社を辞めるか、そんな行動しかなくなります。

人間の行動基準については、L研リーダースクールの初等コミュニケーション科で学べます。

ひとつのケースをご紹介しましょう。

■新しい営業所長が異動してきました

いままでの所長は、訪問計画書をさっさと書いて、すぐに外回りをすればよかった。計画書や報告書は薄ければ薄いほどよいと言っておりました。それに、事務所に営業マンがいると怒り出しました。

ところが、こんどの新任所長は、きっちりした計画書をつくらせ、しかもそれぞれについて微に入り細に入り質問するのです。

その質問がまたねちっこい。そんなことを聞いて所長はそれを何に使うのか。みんな不思議に思うのですが、それがわからないと不安らしいのです。おかげで営業マンは外回りをする時間がとれないとぼやきだしました。

前の上司は5種タイプの行動家。新任所長は2種の頭脳派でしょう。感受性タイプによって、求めるものや好みが違ってくるのです。そういうことを学んで、的確に相手の感受性を判断し、相手の行動基準に沿って説得したり話をするのが人間行動学です。

人間の行動基準はちょっとのことでは変えられませんから、相手の感受性に従って、こちらの意を述べるなり行動しないといけません。