コミュニケーションの問題に似て非なる問題

新年あけましておめでとうございます。

しばらく更新がとどこおっていましたが、今年から毎週水曜日に更新することにいたしました。

ということで、本年もよろしくお願い申し上げます。

今年のL研リーダースクールでは、初等科2が売りです。

新たに動画を作り直しました。内容的にはかなりハードになっています。

テーマは3つ。説得の技術、認める技術、欠点を指摘する技術です。

それぞれ3週間、職場で実践していただきます。

とにかく一つでもやってみれば、得るところは大きいでしょう。

だんだん、コミュニケーションの感覚が鋭くなってきます。

====

コミュニケーションスキルだけを練習してもあまり効果はないといえます。

人間行動はどういうものか、その本質を知ることができれば、スキルなんか忘れたってふつうにできるようになります。

それを小手先のスキルばかり覚えて真似しても、応用力はつきません。

ヒューマンスキルの勉強で難しいのは、教える人と教わる人が環境がまったく違うこと。

そして、相手にする人も違ってきます。

有名大企業の社長の講演を零細企業の社長さんが聞きに行っても、あまり役に立たないのと同じですね。

環境が違うのですから、同じことをやってもあまりうまくいくはずがない。

いけいけどんどん型のトップセールスの方法を、おとなしくて内気なセールスマンが真似をしても劣等感を感じるだけでしょう。

トップセールスのような行動力があるはずないですから。

ですから、自分なりにアレンジしないといけません。そのときは、スキルのコンセプトをきちんと理解している必要があります。

そこさえはずさなければ、応用は自在です。

さて、今日はコミュニケーションスキルの問題かそうでないかを考えてみましょう。

コミュニケーションが下手な部長?

ある大企業の役員さんは部下のB部長のことで頭を痛めておりました。

「B君は私のために骨身を惜しまず、こまめに働いてくれる優秀な人間なのに、どうも部下を生かして使っていないように思える」と考えました。

彼は部下に対してもこまめに指示を出し、部下の行動に気遣っているように見えました。

しかし、彼が時々声を荒げるような状況を見るに付け、「どうも彼はコミュニケーションがうまくないようだ」と気付きました。

そこで彼をコミュニケーションの教育で有名なある研修セミナーに参加させることにしました。

しかし、果たしてこれはコミュニケーションの問題でしょうか?

Bさんは、上司の気持ちを推察し細かく心使いをし、仕事上の報告を手落ちなくこまめに正確にしています。これを見るかぎり、どうしても彼がコミュニケーション下手とは思えません。

一方、Bさんは部下に対して仕事の最終目標を明確に伝えていません。

さらに仕事上の問題の周辺事情を、意図的に最小限度しか伝えていません。

つまり、Bさんは自分の持っている情報を出来るだけ胸にしまい、部下には全ての情報を教えないようにしているのです。

その結果として、部下は長期的で広い視野に基づく判断が出来ず、混乱しています。

Bさんは部下の指導を会社のためにしていると言うよりは、情報をコントロールすることで、彼自身の地位を強めようとしているのです。

ーーーーーーー

問題の本質がどこにあるのか、常に考えないといけませんね。

 

—————————————————————————————-

■リーダーシップ向上に関する参考書籍 

佐藤直曉著『リーダー感覚――人を指導する喜び』(鳥影社)

本書はL研リーダースクールの通信講座初等科1、初等科2のメインテキストです。初等科1では、人の心を動かす訓練としてほめる訓練を実践していただきます。この講座は、受講生に技術的アドバイスを行うとともに、受講生の成長を見守っていく実践型プログラムです。

立読みはこちらからどうぞ

—————————————————————————————

コミュニケーションスキルのなかで、最もベーシックで、応用範囲が広いスキルが、ほめる技術です。

ほめる技術を徹底的に行っていくのが、初等科1の講座です。L研リーダースクール初等科1

 

—————————————————————————————

コミュニケーションスキルのなかで、高度なスキルを練習する応用講座が、初等科2の講座です。

L研リーダースクール初等科2

 

 

言葉と態度から気持ちを察する訓練

ボディーランゲージというほどのことはありませんが、ある程度そういうことに敏感でないと、リーダーはよきコミュニケーションがとれないかもしれませんね。

ある小さなコンサートに、友人たちと出かけたときのことです。

====

そこでは、非常に珍しい楽器――ハワイかどこかの特殊な木でつくった笛――の演奏がありました。
 
その楽器にたいへん興味をもった私の友人は、演奏が終わるとすぐその人の所に行き、どうしたらその笛を入手できるか聞こうとしました。

そして、あとでインターネットで、連絡を取り合うことにしたそうです。
 
そのやり取りを、遠くから見ていた私は、ああこれは駄目だろうなと思いました。

というのも、相手にそういう雰囲気が全然ないのです。相手が全然乗っていない。

こういうのは誰でもわかると思ったので、「これは駄目だろう」と言うと、隣の人は「エッ、どうしてそんなことがわかるの」。
 
見ればわかるだろうと思っていたのですが、わからない人もいるので意外でした。

案の定、その演奏家に連絡をとったものの、なしのつぶてだったそうです。
 
このときから、相手の気持ちを動きから察する訓練も必要かなと思った次第です。

たとえば、お辞儀の様子とかを観察してみるといいでしょう。

お辞儀だっていろいろありますよ。

親しげに「やあ」と言いながら軽く会釈する人。

非常に丁寧にお辞儀をするが、言葉は慇懃無礼な人。

観察をしばらく続ければ、お辞儀と言葉と気持ちの関係が少しずつわかってきます。

言葉のわりに気持ちが入っていないとか、横柄な態度だとかですね。

そういうことに対する感覚を磨きましょう。これは仕事にも役にたちます。

相手に合わせてコミュニケーションをとる

近頃では「報告は箇条書きで」「結論をまず先に」などとよく言われます。

これはアメリカ人が非常に好むやり方です。

A4一枚でまとめろ、などともよく言います。

アメリカのビジネススクールでは、よくそうやってレポートを出さされました。

特に、教授がビジネス経験者や現役経営者の場合は、その傾向が強かったと思います。

これは、5種的な人に対してはとても効果のある報告スタイルです。

====

会話においても、こういう感じで話をした方が、よく通ります。

そもそも論から始めるとだんだんイライラしてくるのがわかるのです。

まあ、わざとそうやって相手をじらして、聞く気を高めるというテクニックを使うこともありますが、あまり多用はしない方が安全です。

相手の気持ちよいように話をしてあげるのがよいでしょう。

さて、そもそも論から入らないとわからない人もおります。これは上下型1種というタイプ。

だんだんと積み上げていくような説明の仕方です。

途中をすっ飛ばすと、もうわからないという顔になります。

つづきはこちらで

 

L研のコミュニケーション動画5選

最近私は動画マーケティングというのに刺激されて、しきりに戦略リーダー養成のために戦略関連動画をつくっています。

残念ながらあまり見られておりませんね。

宣伝が下手なのと、ターゲットがはっきりしない。これでは仕方ないかな。

それはともかく、昔つくったコミュニケーション関連の動画は結構見てもらっているのがあります。

今から見ると、ずいぶん音が悪い。まだ機器の選定などがよくわからずにつくったものですから。

特にマイクの選定の大事さなどわかりませんでしたからね。

しかたないけど我慢してください。以下は、よく見られているものを選びました。====

1リーダーの人間行動学

これはリーダーとして考えるべきことが中心に述べられています。

概論的にご覧ください。

2コミュニケーション能力の向上方法について

これはコミュニケーション能力を高めるための考え方を述べています。


3感受性とリーダーコミュニケーション

コミュニケーションにおける人間分析の知識について触れています。

4ほめる技術

コミュニケーションスキルとしてのほめる技術の技術体系を述べています。いちばんよく見られています。

5認める技術

ほめる技術をさらに高度にしたスキルです。ほめる技術の応用編とでもいえるもの。

リーダーのコミュニケーションスキル勉強法について

コミュニケーション力をつけようとしたとき、いろいろな勉強法がありますね。

コミュニケーションスキルに限らず、勉強法というのはいろいろあるわけです。

やはり自分にあった方法を選ぶことがとても大事です。

たとえば、全体像がわからないと先に進めない人がいます。

こういう人は当然ながら全体像をまず学び、そこから個別の課題に目を移すような勉強法がよいでしょう。

コミュニケーション・セオリーの全体像をまず知る。あるいは、リーダーシップの全体像を学ぶ。

そういう人はそこそこいるかもしれません。

そのためか、多くの初任リーダー研修では、その全体像を与えようとします。

しかし、それにはデメリットがあります。

====

概論ばかりがでてきて、現実に使えるスキルを深く勉強できない。

まあ、ここから先学びなさい、ということでいいのかもしれませんが。

しかし、少々お金がもったいないと私などは思う。それは私が貧乏性だからでしょうか。

L研リーダースクールの初等人間行動学科1は、どちらかというと実践主義です。

プールで泳がせてから、泳ぎの理論を学ぼうという感じです。

行動主義、実践主義ともいえるかもしれません。

まず、人をほめてみる。それで反応を見て考える。それでまたほめてみる。

このPDAの繰り返し。いやDPAというべきです。まず、Doです。

やってみなければ、しょせんわからない。いくら頭で考えていても、やってみると全然違う。

ちなみになぜ「ほめる訓練」に絞っているかというと、こんな理由です。

  1. 成果が得られやすく、初学者にとって意欲を維持しやすい
  2. リーダーシップにおいて最も重要なスキルであり、リーダーシップの感覚がつかめる

こういう訓練を続けていくと、人間の心が動くのを目の当たりにするので、インパクトが非常に大きいものです。

リーダーシップの感覚がつかめるので、リーダーとしての心構えが自然に身につきます。

特に、常に人間を観察していく態度が養われます。

煎じ詰めれば、これが有能なリーダーの素、リーダーシップの基本感覚ということでしょう。

問題は、こういう訓練を継続していただきたいのですが、集合研修ではフォローアップができない。

そこで、L研リーダースクールでは、そのフォローアップを業務にしています。

ですから、集合研修は必要なし。

通信講座ですから全国どこでもできるという特徴があります。

要は、個人の勉強意欲に成果のすべてがかかっています。

団体研修の場合、事務強の方には、そういう意欲維持をフォローしていただきたいと思います。

—————————————————————————————-

■リーダーシップ向上に関する参考書籍 

佐藤直曉著『リーダー感覚――人を指導する喜び』(鳥影社)

本書はL研リーダースクールの通信講座初等科Ⅰのメインテキストです。初等科Ⅰでは、人の心を動かす訓練としてほめる訓練を実践していただきます。この講座は、受講生に技術的アドバイスを行うとともに、受講生の成長を見守っていく実践型プログラムです。

立読みはこちらからどうぞ

—————————————————————————————

コミュニケーションスキルのなかで、最もベーシックで、応用範囲が広いスキルが、ほめる技術です。

ほめる技術を徹底的に行っていくのが、初等科Ⅰの講座です。L研リーダースクール初等科1

 

L研秋の新講座が始まります

9月から始まる新しいリーダー通信講座の内容がようやく固まりました。

従来の初等科と中等科の一部をくっつけて、それを半分に分けました。

名づけて、初等科Ⅰ初等科Ⅱ。

少しスケジュールをゆったりさせて、期間も9週間ずつにし、それぞれ課題レポートを1回にしました。これまでの半分です。

====

私はガンガンやってあげた方が親切でいいのではないかとも思うのですが、あまり激しいのは好きでない人が多いので。

でも、ハードボイルドが好きな人には、初等集中科というのをつくりました。

これは3週間ごとに課題レポートが出て、それを5回行います。15週間で5回です。これだけやったら、すごい勉強になりますよ。

なにしろ、自分で問題見つけて、自分で解いてらっしゃい、というスタイルですから。人にものを教わるものなんて考えているのは甘い、甘い。

自発性第一です。

なにしろ、私の顔は甘いが、心は鬼のごとしでして。

そう言うと、捻れがかった人なら、「何を言いやがる」と反発して、「いっちょ、やってやろうじゃないか」なんて言い出すんじゃないかな? ははは。

今回は、プラチナ会員制度を設けました。会員になっていただくと、感受性分析などの資料が閲覧できます。年会費が5000円です。通信講座の受講生は初年度年会費が無料という特典つきです。

秋は勉強の季節ですよ~。