ほめる技術で気をつけること

子供に、「頭がいいね」と褒めるのと「頑張ったね」と褒めるのとでどう違うか。

スタンフォード大学で1年間調査を行った結果は――

====

「頭がいいね」と褒められた子どもの90%がより簡単な問題を選び、

「頑張ったね」と褒められた子どもの90%がより難しい問題に挑戦するようになったそうです。

「頭がいいね」と褒められると、その頭のよさを維持したいという気持ちが働くために、難しい問題を回避する傾向があるのだそうです。

一方「頑張ったね」と褒められると、「もっと頑張ろう」という気持ちになるために、より難しい問題に挑戦する傾向があるのだそうです。

この結果「頑張ったね」と褒められた子どもたちは、
成績が30%アップ!

「頭がいいね」と褒められた子どもたちは、成績が20%ダウンしたということです!

これに似た話は、整体協会の野口晴哉先生が言っています。

御掃除をする子供に「掃除好きだね」とほめたら、せっせせっせと掃除をし、ついには隣の部屋をわざと汚してから掃除しだしたそうです。

そこで「きれい好きだね」とほめたら、こんどはいつもきれいにする子になったそうです。

ほめられることを目的にするといけないわけで、これは大人も同じ。

ある映画監督は国際映画大会で2位を受賞。

この次はなんとしても優勝したいと考えました。

そこで、審査員の映画の好みや性格などを徹底的に研究し、自信をもって次の大会に臨みました。

さて、結果は?

もちろん予選で終り。

なぜかは、わかりますよね。

 

ほめる技術はコミュニケーションスキルにとってとても有効なのですが、使える技術ほどよく考えて使わないといけません。