commu_120602

コミュニケーションのタイミング2

前回、コミュニケーションをとろうにも、そもそも聞いてもらえる状態にもっていくことが一苦労なのだ、と申しました。

で、リーダーはそれに対してどうすべきか。

鳴かぬなら鳴くまで待とう、ホトトギスーーでいくこともあるでしょう。

相手が聞きたくなるまで、じっと待っているということです。

スポーツのコーチなんかは、この手をよくやりますね。

====


ただし、相手を見ないといけません。

むしろ中堅選手に向いた指導法です。

プロなんだから、自分で考えろ。でも、聞いてきたら、いつでも答えられるようにして待っている。

それが大リーガーのコーチの態度らしいです。

これを新米の選手にやってもあまり効果がないでしょう。そもそも基本ができていないわけですから。

次は、鳴かぬなら鳴かしてしまえ、ホトトギス。

これは、相手が聞きたくなるような環境をつくること。

これについては『リーダー感覚』にいくつか例を示しています。

興味をもたせて「答えを教えてほしい」と、渇望させることです。

ラグビーの元日本代表監督の平尾誠二さんが、使っていた手を本で紹介しています。

すご技を見せて、「みんなで研究してみろ」というだけで、知らん顔している。

すると、選手はなんとかあの技を手にしたいと一生懸命ああでもない、こうでもないと工夫するが、なかなかできない。

こうなれば、「教えて、教えて」という精神状態になる。

そのとき、頃はよしと平尾監督さんが登場する。「こうやるんだ」とね。

聞く耳をもたせた、焦らし作戦とでもいいましょうか。

最後、鳴かぬなら殺してしまえ、ホトトギス。

さすがに、これはリーダーとしてはかなりの劇薬ですが、状況によっては使えますかね。

得意技を使うのをあえて禁じてしまう。

横綱千代の富士が若い頃は、身体が小さいくせに大技の上手投げばかりやるので、肩が抜けてしまった。

そこで、師匠が上手投げを禁じ、前ミツをとる相撲に変えさせた。覚えるまでは全敗覚悟だったようです。得意技を封じられたんですからね。

将来を思って、いまのうちに新しいコースを歩ませることが、部下の成長には必要なことがあるかもしれません。

新しい方向に進ませるように、部下を誘導するわけです。

すると、窮すれば通ずで、その方向にふさわしい新しい技を獲得するようになる。

原発廃止なんか、そういうことでしょ。

—————————————————————————————-

佐藤直曉著『リーダー感覚――人を指導する喜び』(鳥影社)

本書はL研リーダースクールの通信講座初等科のメインテキストです。初等科では、人の心を動かす訓練としてほめる訓練を実践していただきます。この講座は、受講生に技術的アドバイスを行うとともに、受講生の成長を見守っていく実践型プログラムです。さらに、人間分析法として、人間の価値観10タイプの解説を動画で提供しています。

立読みはこちらからどうぞ

—————————————————————————————-

■リーダーシップ向上に関する参考書籍 

■関連資料:佐藤直曉著『リーダーの人間行動学』
人間の行動基準パターンとその理論を簡単に紹介しながら、応用として、歴史上の人物の行動分析を行っています。歴史上の人物には極めて強い個性をもっている人が多く、そのため特徴がはっきりでやすく、人間分析が比較的容易です。したがって、勉強材料としてとてもよいのです。

扱っている人物は、南極探検家スコット、乃木希典、空海と最澄、ショパンとジョルジュサンドです。 いずれも、極めてユニークな個性の持ち主ですので、特徴がわかりやすく、理解しやすくなっています。

各人物には、それぞれ質問を用意してありますので、読者はそれを考えれば、一層人間分析の意味が理解できるでしょう。
リーダーの人間分析講座,コミュニケーション力をつける-リーダーの人間行動学

立読み:こちらからどうぞ

■感受性メルマガ メルマガで感受性を解説しています。申し込みはこちら