リーダーのコミュニケーション・ツールと認める技術

L研リーダースクールでは、リーダーのコミュニケーション力をアップするために、コミュニケーションツールを開発しております。

L研リーダースクールでは、特に次の5項目を重要なコミュニケーション・ツールと認識しています。

comutool

このなかで、認める技術についてご説明しましょう。

人は「私」というものを、みな認めています。

つまり、――これ位の能力を持っている。これ位の体をもっている。これ位の知恵を持っている――その認めたとおりに、人間は行動してしまうわけです。

自分は明るいとか、勝負強いと思っていれば、そういう状況が生じたときは、必ずそういうふうに人は行動します。

ですから、いかに自分を認めるかということはとても大事になります。

ただし、これは潜在意識的に思い込むことでそうなるのです。頭でいくらそうなろうとしてもだめです。

それが、性格であり、行動パターンです。さらに言えば、行動の枠ですね。そうやって一度自分を認め、枠ができると、それを修正するのはなかなかたいへんです。

そこで、リーダーは部下のそういった枠を取り払い、新しい能力を開発できる用に指導するわけです。

本人が気がついていないよいところ、長所に部下のエネルギーを集注させます。これを認める技術というわけです。

非常に心理指導的な要素が加わる指導法といえます。このコミュニケーション・ツールとしての認める技術は、特に初心者に対しては必要な技術といえるでしょう。