事例: ある外資系企業の場合 第2回

前回の第1回はこちら

◆非常手段
こんな状況では、尋常な手段ではすまない。そう考えた若手コンサルタントは、親会社からの依頼状をもっていき、それを見せることにしました。

もっとも、依頼状といっても、それは数行の短いファックスで、幹部たちがどんな考えをもっているか聞いてくれとしか書いてありませんでした。彼らの腹を探れといった露骨な言葉はありませんでした。

コンサルタントとしては、面談相手に会ったとき、その文章のとおりに告げるつもりでしたから、依頼状を見せても別段問題にはならないと判断したようです。

====

疑心暗鬼に陥っているはずの相手に、少しでも緊張を与えないように配慮したつもりだったのでしょう。しかし、この話をあとで彼から聞いたとき、私は率直にいって、ずいぶんひどい手を打ったものだなと思いました。また、効果についてもどうかなと疑いました。

◆営業部長との面談
金曜日の午後、若手コンサルタントは新しい営業部長に会うことになりました。営業部長に会うと、コンサルタントは早速例のファックスを見せ、面談の趣旨を説明しはじめました。

営業部長は声が大きくて威勢のいい人物で、体育会系的なノリの感じがする人だったそうです。

面談が始まると、彼は会社の計画を熱く語りはじめました。入社したばかりであるだけに、やる気のあるところを見せたかったのでしょう。それは理解できると、コンサルタントは好感をもって面談を終えたそうです。

ところが、次の週の月曜日の午後、驚くべきことが起きました。営業部長から突然電話がかかってきたのです。

電話の声は相変わらず威勢がよかったそうです。

「おい、どうだ。元気か」

社外の人間に対して、ちょっと失礼な口の聞き方ですが、自分の父親のように年齢が離れている人物だからと、コンサルタントはそれほど気にはしなかったそうです。

「はい。まあ、なんとか……」

コンサルタントはあいまいに答えました。そして、何の用事だろうと思った次の瞬間、唖然とさせられました。営業部長の声の調子が一変したからです。

「例の件、どうなったですかね……」

気弱な性格丸出しで、つぶやくように、そして哀願するように言うのです。

驚いたのはコンサルタントの方でした。彼は驚きをかろうじて押さえ込み、なんとか取り繕いました。

「先週は有り難うございました。今、報告書をまとめているところです」

コンサルタントは「へんなことは書かないから、安心してくれ」というような嘘や気休めは言わなかったそうです。ただ、「熱意はよく伝えるつもりだ」とは言ったとか。

これは嘘ではないのでしょうが、私からすれば多少はリップ・サービスの感がしないでもありません。

それにしても、イヤな仕事だと、若手コンサルタントはまた思ったそうです。営業部長は、週末を悶々と過ごしていたに違いありません。

—————————————————————————————-

■リーダーシップ向上に関する参考書籍

本稿は、佐藤直曉著『リーダー感覚――人を指導する喜び』(鳥影社)の一部です。

本書はL研リーダースクールの通信講座初等科Ⅰのメインテキストです。初等科Ⅰでは、人の心を動かす訓練としてほめる訓練を実践していただきます。この講座は、受講生に技術的アドバイスを行うとともに、受講生の成長を見守っていく実践型プログラムです。

立読みはこちらからどうぞ