commu_120602

部下のためと思って仕事を与えてもうまくいかないのは

リーダーは、部下に自由裁量の余地を与えることで、部下のやる気を引き起こすことができます。

これについては、いろいろなところが触れていますので省きます

ところで、あるリーダーが部下に仕事を任せると、部下は仕事を押し付けられたように感じてしまうことがあります。

これはどういうことでしょうか。




一つは、仕事の与え方がまずく、その部下にふさわしくない自由裁量の余地を与えてしまったことがあげられます。

自由裁量を与えるといっても、その程度とか範囲、あるいは制約はよく考えないと、かえって失敗します。

これは失敗としては軽微であり、仕事の与え方を工夫すれば問題は解決できます。

もう一つは、任せ方のテクニック以前の問題で、日頃の人間関係の問題といえます。これはかなり深刻な問題です。

たとえば、日頃から部下を自分の手足のようにこき使っていたとします。

こういうリーダーの元では、部下は「また、仕事をさせられるのか」と感じ、とてもリーダー教育のためだなどとは思えません。

仕事を任せたとき、部下が「自分の成長のためにリーダーが仕事を与えてくれた」と思えるようなリーダーになることが重要です。

そのために、日頃から部下との信頼関係をつくりあげることを考えるべきです。

————–

人間行動とか組織行動を学ぶことはコミュニケーション,特に信頼関係醸成にたいへん役に立ちます。

そういう意味から、L研リーダースクールの総合コミュニケーション科では、コミュニケーションスキルだけでなく、人間行動や組織行動を講義し、幅広い視野を育成することを狙っております。

 

 総合コミュニケーション科

総合コミュニケーション科はこちら

—————————————————————————————-

佐藤直曉著『リーダー感覚――人を指導する喜び』(鳥影社)

本書はL研リーダースクールの通信講座初等科やコミュニケーション科のメインテキストです。初等科では、人の心を動かす訓練としてほめる訓練を実践していただきます。この講座は、受講生に技術的アドバイスを行うとともに、受講生の成長を見守っていく実践型プログラムです。さらに、人間分析法として、人間の価値観10タイプの解説を動画で提供しています。

立読みはこちらからどうぞ

—————————————————————————————-

■リーダーシップ向上に関する参考書籍 

■関連資料:佐藤直曉著『リーダーの人間行動学』
人間の行動基準パターンとその理論を簡単に紹介しながら、応用として、歴史上の人物の行動分析を行っています。歴史上の人物には極めて強い個性をもっている人が多く、そのため特徴がはっきりでやすく、人間分析が比較的容易です。したがって、勉強材料としてとてもよいのです。

本書はL研リーダースクールの通信講座初等科やコミュニケーション科のメインテキストです。

扱っている人物は、南極探検家スコット、乃木希典、空海と最澄、ショパンとジョルジュサンドです。 いずれも、極めてユニークな個性の持ち主ですので、特徴がわかりやすく、理解しやすくなっています。

各人物には、それぞれ質問を用意してありますので、読者はそれを考えれば、一層人間分析の意味が理解できるでしょう。
リーダーの人間分析講座,コミュニケーション力をつける-リーダーの人間行動学

立読み:こちらからどうぞ

■感受性メルマガ メルマガで感受性を