commu_120602

「報・連・相」を妨げる社員の心理

総論賛成、各論反対はいつの世にもあります。

「コミュニケーションをとるのは会社や組織にとってよいこと」。これなんかも建前上ではそうです。

しかし、「報・連・相」を口が酸っぱくなるまで言っても、うまくいかない。

個人にとっては、あえてコミュニケーションをとらない方が得な場合があるからです。

====

リーダーにとってみれば、自分の上司にも部下にも必要な情報を与えない方が、自分の好きなように行動でき、人を使えます。

なにしろ、自分しか知らないことなら、人は従うしかありませんから。

個人の業績評価からすれば、そう行動した方が得かもしれません。

一方、部下の方も部下ので、上司に悪い情報をできるだけ報告しないで、なんとか自分で解決した方が得。

いちいち悪い途中経過を上司に報告して、覚えを悪くしたら損ですから。

こういう人の場合、自分の手に負えなくなった段階になって、ようやく報告してきます。

しかし、こういうときには、もう手遅れ状態。

リーダーとしては気をつけないといけないパターンです。

「ほうれんそう」というような言葉が一人歩きしていますが、そんな簡単なことではなさそうです。

人間の行動癖をよく知って、気をつけなければいけないということですね。