commu_120602

ほめる訓練だけで会話がはずまないことは避けられる

コミュニケーション力がないということで、いろいろなスクールに出かけられている方がいると思います。

  • 何を話して良いかわからない
  • 会話になると相手がいつもつまらなそうにしている
  • 会話が弾まない
  • 暗い表情だと言われる
  • 質問が思い浮かばない

そういう人は、相手から何かを引き出してあげるつもりになればいいのです。

そこで、「オウム返し法」を学ぶ?

====

例えば、会話の相手がこう愚痴を言ったとします。

「昨日さあ~上司に怒られちゃってさ。。書類のミスが多いって・・・ 明日仕事いきたくねえよお」

このとき相手の言葉を繰り返すのだそうです。

「いきたくねえのか・・・」

自分の主観を全く入れずに、そのまんま相手の言葉を繰り返す。

相手が興奮していれば、ますます勢いづいて

「そうさ、もう顔も見たくねえよ、そもそもあの上司はさあ……」と話が続くかもしれません。おもいもよらぬ情報が聴けるかもしれません。

しかしねえ、いつもそんなにうまくいきますかねえ。そんな単純な方法で。

そんなことを言うよりは、いつも注意深くまわりの人間を観察しておいて、

「君にはこれこれこういう優れた点があるのに、あの上司は気がつかないのかねえ」とでも言った方が喜ばれるでしょう。

ほめる訓練をしていれば、こういうことはまったく苦にならなくできるようになります。

だいたい、会話が続かなくないときには、相手のよいところをほめればいいんですよ。

営業マンもおんなじ。顧客をほめる。ほめるところを素早く見つける。

ほめる訓練をつづければ、会話が続かなくて怖くなることも少なくなると思いますよ。

ほめる訓練はL研リーダースクールでは初等科および新設のコミュニケーション科で学ぶことができます。この通信講座では、いろいろなほめるバリエーションを学びながら、職場で実践訓練をしていただくようになっています。

コミュニケーション科はリーダーのためにコミュニケーション能力強化に特化したコースです。コミュニケーションの実践訓練と同時に、人間分析の考え方や実例を学ぶことができます。

—————————————————————————————-

7月人間分析法セミナーのお知らせ

日時:7月24日(木) 午後1時から午後4時
場所:東京 銀座会場(人数によっては会場を変更する場合があります)
定員:10名程度
費用:5,400円(税込み)
テーマ:人間分析法(感受性のタイプの理解)

人間分析法について、基本的なポイントを解説したのち、いくつかのタイプについて詳しく解説していきます。

詳細・お申し込みはこちらから

—————————————————————————————-

■関連資料:佐藤直曉著『リーダーの人間行動学』
人間の行動基準パターンとその理論を簡単に紹介しながら、応用として、歴史上の人物の行動分析を行っています。歴史上の人物には極めて強い個性をもっている人が多く、そのため特徴がはっきりでやすく、人間分析が比較的容易です。したがって、勉強材料としてとてもよいのです。

扱っている人物は、南極探検家スコット、乃木希典、空海と最澄、ショパンとジョルジュサンドです。 いずれも、極めてユニークな個性の持ち主ですので、特徴がわかりやすく、理解しやすくなっています。

各人物には、それぞれ質問を用意してありますので、読者はそれを考えれば、一層人間分析の意味が理解できるでしょう。
リーダーの人間分析講座,コミュニケーション力をつける-リーダーの人間行動学

立読み:こちらからどうぞ

■感受性メルマガ メルマガで感受性を解説しています。申し込みはこちら

—————————————————————————————-

■リーダーシップ向上に関する参考書籍 

佐藤直曉著『リーダー感覚――人を指導する喜び』(鳥影社)

本書はL研リーダースクールの通信講座初等科、中等科のメインテキストです。初等科では、人の心を動かす訓練としてほめる訓練を実践していただきます。この講座は、受講生に技術的アドバイスを行うとともに、受講生の成長を見守っていく実践型プログラムです。さらに、人間分析法として、人間の価値観10タイプの解説を動画で提供しています。

立読みはこちらからどうぞ