初心リーダーの最適コミュニケーション訓練法

コミュニケーションに限らず、リーダー研修というと、いろいろなセオリーの話を講師から聞くということが多いでしょうか。

しかし、本やセミナーで学ぶのは理論ですね。野球でたとえれば、バッティング・フォームの解説書のようなものでしょう。

それを読んだだけで、いきなり公式戦に出て、ピッチャーの球を打てといわれても、それは無理というものです。

野球なら「まずは素振りをしなさい」といわれるはずです。そして、素振りをある程度こなしたら「緩い球を打つ練習をしなさい」とアドバイスされるのではないでしょうか。

私は、リーダーシップの訓練でも「素振り」が必要だと思っています。いきなり、実戦で球を打てといったって、経験の少ない人には荷が重すぎます。

そして、これは頭で考えるだけでなく、身体感覚として身につける訓練でなければいけないと思うわけです。文字どおり、身につけることが大事だと思います。

では具体的にどうしたらコミュニケーションの「素振り」ができるのでしょうか。

拙著『リーダー感覚』に詳しく書いておりますが、初心リーダーは、あるいはベテランのリーダーも時々ですが、ほめる訓練をするのがいちばんよいと、私は経験上申し上げたいのです。

自分の職場においてこれを行うわけですから、これは非常に実践的な訓練です。ただの研修講義というわけではありません。そのまま仕事で使えます。私は研修なり訓練というのは、すべてOJTであるべきだと考えています。

この方法が優れているのは、第一に自然に人を観察するようになるからです。相手のよいところを見つけようと、虎視眈々と狙っていくわけですから、いやでも相手のことに関心を払わないわけにはいかなくなりますね。

また、ほめるときは相手にとって最適な言葉を選ぶ必要がありますが、それには相手の心がある程度わからないといけません。ですから、相手の気持ちを察する訓練にもなります

それから、もしほめ言葉がピッタリであれば、ほめられた人は喜んでくれるでしょう。そうなると、こちらとしてもたいへん嬉しいし、愉快になりますね。つまり、相手が喜ぶことで、自分も喜びを感じることができるわけです。これが共感です

ほめる訓練は、人間関係の機微がよくわかると同時に、人を指導する喜びも味わえます。この喜びの感覚こそ、リーダーが知らなければならないリーダー感覚なのだと私は思っております(詳しくは拙著『リーダー感覚』にあります)。

しかし、ただほめるだけではコミュニケーションの訓練にはなりません。ほめたあと、相手の反応を分析する必要があります。どういう反応を示したか、言葉掛けが十分だったか、などなど。私はそういう場合のサポートや助言をしています。

ところで、ここからがいちばん大事なことなのですが、ほめる時は100%相手の心にピッタリの言葉でないといけません。そうでないと、響かないのです。

そのためには、このブログで取り上げている感受性の勉強を並行してしていただくことがとても効果的です。

なぜならば、何をほめたらよいか、あるいはどのような角度でほめたらよいかが、10種類の感受性パターンを学ぶと的確に把握できるようになるからです。

●リーダーの人間分析法講座:感受性解説21日間無料メールセミナー