サブリーダーのコミュニケーション力強化法

commu_120602

サブリーダーとして、リーダーや部下とかかわるときのコミュニケーション能力をどうつけるか、今日はその強化法をご紹介しましょう。

ここでは相手のことを「クライアント」と便宜的に呼びます。サブリーダーにとって、上司をクライアントと考えればコミュニケーションを理解しやすいでしょう。

以下は上司リーダーとのコミュニケーションですが、部下についても同じような考え方でやれます。

まず、コミュニケーション能力とは何かについて考えてみます。

Read more…

リーダーになる前にリーダーシップをつけるには

commu_120602

まだリーダーになっていない人に、リーダーシップを教えるのは結構たいへんなことです。

というのも、多少なりともリーダーの経験がある人に教えれば、過去の体験と理論が結びついて理解しやすいですが、そういうものがない人にとっては、なかなかピントこないものです。

ビジネススクールが職務経験を数年もつ人を募集するのは、教える効果からして当然と言えば当然です。

しかし、これからリーダーになる人にリーダーシップを教える必要があるのも事実です。

リーダーになっていきなり「リーダーシップを発揮せよ」と言われたら、途方に暮れるでしょうからね。

では、こういう人たちに何を教えたらよいか。

====


私の最近の講演などの経験から考えて、コミュニケーション・スキルを学んでもらうのがたいへん効果があると思っています。

特に最初はほめる訓練、長所を見つける訓練がよいように思います。

これはL研リーダースクールの初等科で行っているものです。

ここでの主眼は人間観察の習慣をつけることです。

ほめることを強制するわけですから、いやでも人間観察を続けて長所をみつけようとせざるをえなくなります。

これがいつの間にか人間理解力を育むというわけです。

また、この訓練を続けると、ほめることで人の心がどう動くか、どうしたら動かせるかということが、身につくようになります。

さらに、進めば、中等科の一部であるより高度なコミュニケーション・スキルを学べばいいと思います。

ここでは、説得、欠点の修正などをいかにうまくコミュニケーションするかがテーマになっています。

こういうことはリーダーでなくても、仕事で十分役立つと思うので、リーダーになる前の人にとっても興味がもてる内容ではないかと思います。

 

—————————————————————————————-

■リーダーシップ向上に関する参考書籍 

佐藤直曉著『リーダー感覚――人を指導する喜び』(鳥影社)

本書はL研リーダースクールの通信講座初等科のメインテキストです。初等科では、人の心を動かす訓練としてほめる訓練を実践していただきます。この講座は、受講生に技術的アドバイスを行うとともに、受講生の成長を見守っていく実践型プログラムです。

立読みはこちらからどうぞ

—————————————————————————————

コミュニケーションスキルのなかで、最もベーシックで、応用範囲が広いスキルが、ほめる技術です。

ほめる技術を徹底的に行っていくのが、初等科の講座です。あわせて、人間分析のための資料を提供しています。

L研リーダースクール初等科

 

コミュニケーションと相性

コミュニケーションの前提として相性というものを考えざるをえません。

特に、リーダーとサブリーダーの関係はそうですね。

感受性で考えるとわかりやすいかもしれません。

====

9種のような直感的にしか考えられない人は、サブに計算のできる5種のようなタイプがよいとされます。

また、猪突猛進をしてしまう7種のリーダーの場合、どこに進めばよいかという方向性を支持してくれるサブというか指南役が必要です。

だいたい上下型が向いていますね。

三国志の親分である劉備玄徳は、人望のある人物として描かれています。

ただ、戦争は強くなくて、連戦連敗。結局、戦略がないから勝てません。

その参謀となって「天下三分の計」という戦略をたてたのが諸葛孔明。

この人物は上下型2種でしょう。

戦争に行くにも軍服を着ないで扇子を仰いでいるような人物に描かれています。

日本では智で相手を倒す孔明のような2種の人気がとても高いようです。

しかし、中国ではあまり人気がないそうです。

中国で人気があるのは、関羽。

捻れ型の親分で義理、人情にあつい。

こういうのも国民性なんでしょう。