人間行動学のコミュニケーション・アプローチ

commu_120602

上司とどうコミュニケーションをとるか?

人間行動学のアプローチでは、上司がどういう行動基準や感受性をもっているかを把握することが第一歩になる。

能力のあるワンマン上司の場合であれば、たとえば、情にあついタイプか非常に合理的で利害損失にうるさいタイプかを考える。ちなみに、人間行動学では、この二つはいずれも代表的な行動基準なのである。

Read more…

立場を理解するだけではコミュニケーションにはならない

commu_120602

拙著『リーダーの人間行動学』では、「人間行動の背景には、その人独自の行動基準がある」ということを主張しています。

世間一般では、指導にしろ、付き合いにしろ、人間関係で大事なのは、「相手の立場に身を置いて」考えることだと言われています。

しかし、これは私に言わせればとても危ういことです。

なぜならば、多くの人は、せっかく相手の立ち場に身を置きながら、無意識に「自分の行動基準」で考えてしまうからです。

これではまったく意味がないことになります。

Read more…

コミュニケーションのための人間分析

commu_120602

コミュニケーションについて、ドラッカーはソクラテスの言葉を引用して、こう言っています。

人々に何か言うときは、相手の経験に引きつけた中味にするとよい。たとえば相手が大工だったら、大工仕事に関係した比喩を用いるのだ。つまり、受け手の言葉を使わない限りコミュニケーションは成り立たない。しかも、その言葉は経験に根ざしたものでなくてはいけない。言葉の意味を人々に説明するのはムダな試みである。経験にねざしていない言葉は受け止めようがない。

しかし、この答えはは必ずしも現実的ではないかもしれません。こんな疑問がわきます。

相手の経験に根ざした言葉を使えるようになるには、大工にならないといけないのか?

あるいは、看護師にならないといけないのか?

あるいは、タクシー運転手にならないといけないのか?

====


職業は無数あるわけですから、すべての人の対応するのは現実的には不可能なことです。

そこで、相手の価値観をつかむことがより効果を発揮します。

正確に言えば、価値観というよりも行動基準という方が正しいでしょうが。

その価値観は、基本的に5種類に分類されます。

  • 毀誉褒貶(世間的な名誉、恥など)
  • 好き嫌いの感情
  • 利害損得
  • 闘争感情
  • 愛憎感情

どのタイプか分かると行動が予測できますので、コミュニケーション対策も的確に打てるようになります。

ドラッカーが大工を例にしておりますが、職人のなかには、とび職というのがありますね。

建築現場で高いところに昇って作業する仕事です。

彼らは高いところでも平気で身軽に行動できます。こういうタイプにはある身体的特徴があります。

まず、重心が低くないといけない。背が低い方が有利。それと身体が左右に揺れる運動が出る人は危なくて仕方ない。

ということで、重心が常に内側に向かう小柄な人がとび職によくおります。

実は、このタイプの行動基準は同じなのです。

愛憎感情が激しく、弱い者を庇うために命がけで行動する。集中力が強いが、一方たいへん執着心が強い。

とび職を研究するよりは、人間行動の基準を研究した方が効果があると思います。

人間の勉強をしたければ、L研リーダースクールの初等科を検討してください。

詳しい解説があります。

 

 

 

上司と部下の価値観が合わないとき

リーダーと部下が気が合わなかったら最悪です。多くは価値観の違いだと思います。

病院の場合で考えてみましょう。

====

だいたい看護師長さんというのは、5種タイプが多いようなんです。

5種というのは、合理主義者、計算が優れている。割り切りがよい。

信長などは、この5種の超極端な人です。

小泉純一郎さんもこのタイプ。息子の進次郎さんもたぶんこのタイプでしょう。

現代的な感覚が優れている。

あまり太りません。行動的で、合理主義。あまり感情が出ない。

年功序列などは大嫌いですね。

とにかく、よいものはよい。義理人情関係ない。日頃のつきあいも、いざ決断となれば別。

アメリカ人のビジネスライクを思い浮かべれば、5種がどんなタイプかわかります。

この5種が上に立つと、効率、目標達成率、残業排除、など、とにかく効率一辺倒になります。

さて、一般的に、病院とか福祉施設に勤める人は、人のお世話をすることに生きがいを感じている人が多い。

特に、弱っている人を見ていると、ほおってはいけないといった感じの人がおります。

また、こういう人でないと、なかなかよい看護人にはなれない。

問題は、このタイプと5種の上司が意見が合わないこと。

だって、そうでしょう。上司は合理的に、時間内に多くの人を万遍なくケアすべきと考える。

ところが、下の方は、特に弱い人に時間を使いたい。勤務時間を超えても、心配で眼が話せないといった感じになります。

この価値観では、いつか正面衝突がやってきます。

リーダーとなったら、全部自分の価値観通りにやってしまうか、それとも多少は目をつぶって,部下の価値観をたてるか。

考えどころです。

しかし、自分の価値観が絶対正しいと思い込む人。あるいは、そもそも別の価値観があることなどわからない人となると、そういう発想にはなかなかなりません。

やはり、リーダーは価値観(感受性)を学ぶべきでしょう。

————-

セミナーのお知らせです。

L研リーダースクールでは、人間行動学のセミナーを6月29日(土曜)、午後1時半から4時まで東京銀座にて行います。費用は3000円です。

セミナーでは、人間分析についてご紹介していきたいと思っています。

拙著『リーダーの人間行動学』では感受性について簡単な説明にとどめておりますが、もう少し具体的なことをお話してみたいと思っております。

少人数制で、個人的なご相談にも応じるつもりです。ご興味のある方はぜひお出でください。

それから、地方の方にも同じ内容のものをお送りしたいと思い、テレビ会議方式(Google+ハングアウト)を使って、パソコン上でセミナーを開催してみようと思っています。

7月17日(水曜日)夜ですが19時から21時まで行う予定です。

→詳細はこちらにございます。

■佐藤直曉著『リーダーの人間行動学』
人間の行動基準パターンとその理論を簡単に紹介しながら、応用として、歴史上の人物の行動分析を行っています。歴史上の人物には極めて強い個性をもっている人が多く、そのため特徴がはっきりでやすく、人間分析が比較的容易です。したがって、勉強材料としてとてもよいのです。

扱っている人物は、南極探検家スコット、乃木希典、空海と最澄、ショパンとジョルジュサンドです。 いずれも、極めてユニークな個性の持ち主ですので、特徴がわかりやすく、理解しやすくなっています。

各人物には、それぞれ質問を用意してありますので、読者はそれを考えれば、一層人間分析の意味が理解できるでしょう。

リーダーの人間行動学
立読み:こちらからどうぞ

■感受性メルマガ メルマガで感受性を解説しています。申し込みはこちら

仕事を任せるときのコミュニケーション

はじめにお知らせから。

L研リーダースクールでは、人間行動学のセミナーを5月25日(土曜)、午後1時半から4時半まで東京銀座にて行います。費用は3000円です。

セミナーでは、人間分析について、ご紹介していきたいと思っています。

拙著『リーダーの人間行動学』では簡単な説明にとどめておりますが、もう少し具体的なことをお話してみたいと思っております。

→詳細・お申込みはこちらにございます。

では、本題に入ります。

今回は、健康プラザコーワ、ドクターユキオフィス代表取締役 臼井由妃氏の記事をご紹介しながら、意見を述べてみましょう。

成功の秘訣「やらない」「断る」「捨てる」 (プレジデント) – Yahoo!ニュース BUSINESS

====

臼井氏がどういう方かよく存じませんが、記事の内容はなるほどと思わせることが多々あります。

そのなかで、リーダーのコミュニケーションに関連する内容をピックアップしてみました。

リーダーが部下に仕事を任せるときはどうするか。

マネジメントの観点からいえば、ゴールと制約を提示するということでしょう。

制約というのは、逆に言えば自由度ということです。

人間、何もかもやることが決められていたら、おもしろくもなんともない。

仕事の楽しみはなんといっても創意工夫することです。これは人間としての自由の欲求にかなうことです。

ですから、自由裁量の余地を与えないといけません。しかし、一方であまりに自由にされてしまうと、能力を超えていると思い不安になります。

さらにひどいのは丸投げです。これはリーダーが部下の仕事の品質を管理しない、いや管理できないことを意味するので、リーダーに対する信頼は地に落ちます。

ともかく、ゴールの設定と制約の設定は、仕事を任せるうえでの基本です。そして、仕事の進捗管理。これもマネジメントに不可欠です。

臼井氏の言葉です。

経験の浅い部下に仕事を任せるときは、寄り添うようなアドバイスや指導が必要です。私の場合は、仕事を任せるとき、まず最終的な到達地点を具体的にイメージできるよう説明し、納期を定めてスタートダッシュをかけ、次に中間地点で状況把握をするようにしています。腰の重い社員もいますから、中間地点に達しても、ほとんどできていないということもままあります。

そのときには、叱るのではなく「できない理由」を解きほぐして、ゴールまで伴走するように心がけます。できない理由は技量不足のこともあれば、優先順位のつけ方に問題があることも。近ごろ目立つのは、完璧な仕上げを目指すあまり、堂々巡りをしているというケースです。

では、これだけでいいかというと、コミュニケーションがまだ不足しています。

臼井氏はこんことを言っています。

一番よくないのは「忙しいから部下に仕事を頼む」という姿勢です。相手は敏感に「自分はたまたま暇そうに見えるから任されたのか」と思います。これでは部下のモチベーションは上がりません。

そうではなく、「私を成長させようと思って仕事を与えてくれた」と思わせなければいけません。それには「なぜ特定の相手にその仕事を振るのか」についての納得できる理由が必要です。

たとえば「○○さんは学生時代にデザインを専攻していたね。その知識や感覚が生かせると思うから、今度の仕事を担当してほしい」と言うのです。言外には「あなただから任せるんですよ」というメッセージが込められています。

ところで、このようなメッセージを発するためには、常に相手のことを知っていないといけませんね。

どんなに小さな組織であっても、リーダーたるものは常にメンバーの個性を把握しておかなければいけません。何が得手で何が苦手か、何を言われると喜ぶかということを、漠然とでいいから日ごろから注意深く見ておくのです。そうしないと、いざ仕事を任せるときに「理由」が出てこなくて困るでしょう。

そこで、人間をしっかり見る力が必要になるわけです。そのための勉強をすることは、リーダーにとってものすごくきいてきます。

私は人間を見る力をつけるとっかかりとして、感受性分析を学ぶのがとてもよいと思って、人にも勧めています。「リーダーの人間行動学」はその導入編とでもいいましょうか。

セミナーも5月25日(土)の午後に行いますので、お近くの方は是非おいでください。

→詳細・お申込みはこちらにございます。

拙著『リーダーの人間行動学』の冒頭部分を提示します。

——————-

人間の価値観には10種類あります。そのどれを重視している人かを見極めると、リーダーシップが格段につきます。

コミュニケーションスキルと感受性の知識を併せ持つことが、これからのリーダーにとって、たしなみになるということです。

——————-

船が座礁してしまい、乗客は救命ボートに乗り移ろうとしました。ところが、人数が多すぎて、何人かは岸まで泳いでいかなければなりません。どうやって説得するか。

イギリス人には
「ジェントルマンらしく行動してくれ」

ドイツ人には
「船長の命令である」

イタリア人には
「君は飛び込むな」

アメリカ人には
「保険に入っているから大丈夫」

日本人には
「みなさん、泳いでいますよ」

傑作なジョークですよね。いつも笑ってしまいます。

しかし、これはなかなか含蓄のあるジョークでもあります。つまり、人間は何によって動かされるかということなんです。

結局、人間はすべて合理的に行動しているのです。ただ、その合理性が他の人と一致しないだけなのだと思います。

その合理性とは、結局のところ価値観といえます。何を大事にしているか、ということです。

イギリス人は社会的名声をとても大事にしている。

アメリカ人は経済的利益をとても重視しています。

日本人は、組織の中での調和を重視しています。

これは人間の価値観の類型です。日本人のなかにも、イギリス人的価値観やアメリカ人的価値観をもっている人が当然おります。

説得のためにコミュニケーションを行おうとするとき、相手の価値観をしっかり認識しないと、まるで外国語で話しかけるようなことになります。

——————————————

Banar seminar525

■佐藤直曉著『リーダーの人間行動学』
人間の行動基準パターンとその理論を簡単に紹介しながら、応用として、歴史上の人物の行動分析を行っています。歴史上の人物には極めて強い個性をもっている人が多く、そのため特徴がはっきりでやすく、人間分析が比較的容易です。したがって、勉強材料としてとてもよいのです。

扱っている人物は、南極探検家スコット、乃木希典、空海と最澄、ショパンとジョルジュサンドです。 いずれも、極めてユニークな個性の持ち主ですので、特徴がわかりやすく、理解しやすくなっています。

各人物には、それぞれ質問を用意してありますので、読者はそれを考えれば、一層人間分析の意味が理解できるでしょう。

リーダーの人間行動学
立読み:こちらからどうぞ

■感受性メルマガ メルマガで感受性を解説しています。申し込みはこちら

ドラッカーのコミュニケーション論を考える

久しぶりにドラッカーを読み直そうと思いました。そこで思わぬ発見をしました。

ドラッカーがコミュニケーションについて語っているとはまったく予想していなかったのです。ところが、たまたまページをめくったらそれを見つけたのです。

私がドラッカーを読んだのは20代後半から30代前半で、当時は戦略に興味があり、コミュニケーションを扱うつもりはまったくありませんでした。

今回読んでみると、ドラッカーは「コミュニケーションは期待だ」と言っています。

「人は、自分が期待する事柄しか知覚しない」のです。もっと簡単に言えば、人は見たいことしか見ず、聞きたいことしか聞かない。

だから、私は若いころ、ドラッカーのコミュニケーション論は見落としていたということでしょう。

====

このことから、相手とコミュニケーションをとるには、相手の期待を察知しないといけないということがわかります。

ドラッカーの言うように、コミュニケーションを成り立たせるには、受け手が何を見聞きしたいと考えているか、把握しておかなければならないのです。

ドラッカーはソクラテスの言葉を引用しています。

人々に何か言うときは、相手の経験に引きつけた中味にするとよい。たとえば相手が大工だったら、大工仕事に関係した比喩を用いるのだ。つまり、受け手の言葉を使わない限りコミュニケーションは成り立たない。しかも、その言葉は経験に根ざしたものでなくてはいけない。言葉の意味を人々に説明するのはムダな試みである。経験にねざしていない言葉は受け止めようがない。

コミュニケーションは、相手を起点にして語りかけなければいけないということです。ところが、上意下達のコミュニケーションには、命令しかありません。このようなことでは、受け手は自発性なくただ反応するにすぎません。

「従業員への手紙」も、従業員が何を知覚できるか、何を知覚の対象としているかをわかっていないかぎり、どれだけ文章がうまくても無意味だということでしょう。

書き手の知覚ではなく、受け手の知覚を土台としない限り、コミュニケーションは成り立ちません。

では、どのようにすればそれができるようになるか。

真っ先に考えるのは「相手の言葉に耳を傾ける」ことでしょう。しかし、ドラッカーはそれは単なるコミュニケーションの第一歩にすぎないと言います。

「語りかけるよりも耳を傾ける方が、誤解やコミュニケーションの不備が減るわけではない」と、ドラッカーは言っています。

聞くことで、誤解が起きた理由は説明できるかもしれませんが、これだけでは、部下の嗜好や望み、価値観、野心などは明らかにならないのです。

ただ聞くだけでは、相手の理解のための土台が築かれるわけではないわけです。もっと相手のことがわからないといけないとドラッカーは言っています。

ドラッカーは、その対策として「目標管理」をあげています。私はそれでは正直不足だと考えていますが、ともかくそれについて説明しましょう。

つまり、ある目標を共通のテーマとして上司と部下が話し合うとき、同じ現実を違った目で見ていることがお互いわかるというわけです。そして、それをもとに、上司は部下が何を期待しているかを理解できる。

私はこれではまだ難しいと思っています。相手の価値観を理解するには、これだけでは知識不足です。

相手の価値観を知るためには、体癖論に基づく感受性をしっかり学ぶことがたいへん有効だと、ドラッカーを読んであらためて確信した次第です。

リーダーが人間関係を改善するには

人間関係を改善するノウハウはいたるところで見つけることができます。

しかし、リーダーとしてこれを改善しようとするならば、付け焼き刃のノウハウだけに頼っていては限界があると思います。

時間はかかるが、人間を見る眼をしっかりつけるしかありません。

人間を見る眼というといかにもあいまいですが、私は次の二つの条件を考えます。

  • 相手の行動が読めること(なぜそのような行動をするのか理解できること)
  • 相手の行動を改善するためにどのような手段をとればよいかがわかること

====

最初の項は、相手の行動基準がわかることです。どんな価値観から、現在の行動が引き起こされているかが理解できること。

二番目の項は、第一項に基づいて、相手の価値観に基づいたこちらの提案を行う、ということです。説得とは、相手の価値観にとってメリットがあることであり、こちらの価値観でどうのこうのといっても無理なのです

拙著『リーダーの人間行動学』の冒頭部分を提示します。

——————-

人間の価値観には10種類あります。そのどれを重視している人かを見極めると、リーダーシップが格段につきます。

コミュニケーションスキルと感受性の知識を併せ持つことが、これからのリーダーにとって、たしなみになるということです。

——————-

船が座礁してしまい、乗客は救命ボートに乗り移ろうとしました。ところが、人数が多すぎて、何人かは岸まで泳いでいかなければなりません。どうやって説得するか。

イギリス人には
「ジェントルマンらしく行動してくれ」

ドイツ人には
「船長の命令である」

イタリア人には
「君は飛び込むな」

アメリカ人には
「保険に入っているから大丈夫」

日本人には
「みなさん、泳いでいますよ」

傑作なジョークですよね。いつも笑ってしまいます。

しかし、これはなかなか含蓄のあるジョークでもあります。つまり、人間は何によって動かされるかということなんです。

結局、人間はすべて合理的に行動しているのです。ただ、その合理性が他の人と一致しないだけなのだと思います。

その合理性とは、結局のところ価値観といえます。何を大事にしているか、ということです。

イギリス人は社会的名声をとても大事にしている。

アメリカ人は経済的利益をとても重視しています。

日本人は、組織の中での調和を重視しています。

これは人間の価値観の類型です。日本人のなかにも、イギリス人的価値観やアメリカ人的価値観をもっている人が当然おります。

説得のためにコミュニケーションを行おうとするとき、相手の価値観をしっかり認識しないと、まるで外国語で話しかけるようなことになります。

——————————————

Banar seminar525

■佐藤直曉著『リーダーの人間行動学』
人間の行動基準パターンとその理論を簡単に紹介しながら、応用として、歴史上の人物の行動分析を行っています。歴史上の人物には極めて強い個性をもっている人が多く、そのため特徴がはっきりでやすく、人間分析が比較的容易です。したがって、勉強材料としてとてもよいのです。

扱っている人物は、南極探検家スコット、乃木希典、空海と最澄、ショパンとジョルジュサンドです。 いずれも、極めてユニークな個性の持ち主ですので、特徴がわかりやすく、理解しやすくなっています。

各人物には、それぞれ質問を用意してありますので、読者はそれを考えれば、一層人間分析の意味が理解できるでしょう。

リーダーの人間行動学
立読み:こちらからどうぞ

■感受性メルマガ メルマガで感受性を解説しています。申し込みはこちら

相手の聞きたい言葉を悟る

ナポレオンは、人を動かすには「恐怖と利益だ」と言っています。

「アメとムチ」などと言う人もおります。

「北風と太陽」とも言いますね。

利益、アメ、太陽といろいろな言い方ですが、太陽に比べると、前の2者は少し狭い気がします。

太陽となると、もう少しなかみが広がるような気がするからです。

====

旅人に外套を脱がせるにもいろいろな方法があります。

「金をやるから脱げ」と言うのも手です。

「お前のライバルは軽装で体を鍛えているぞ」と言えば、ライバル意欲の強い人は乗ってくるかもしれません。

「お前の外套を苦しんでいるあの小さな子に譲ってくれ」と言えば、心根の優しい人は聞いてくれるかもしれません。

「うまいもの食わせてやるから交換しよう」と言えば、食いしん坊の人はYESと言うかもしれません。

「国家のために軽装となり、常に身を鍛えよ」と言えば、乃木希典さんのような謹厳な人は、そうだそうだとうなずくかもしれません。

言葉は常に状況と相手に合わせて、柔軟に語られるべきでしょう。

———————————————–

 

人間の価値観には10種類あります。そのどれを重視している人かを見極めると、リーダーシップが格段につきます。

コミュニケーションスキルと感受性の知識を併せ持つことが、これからのリーダーにとって、たしなみになるということです。

例題:いつも言っていることなので、よくご存じの方にはおわびします。

以下の引用:佐藤直曉著『リーダーの人間行動学』

船が座礁してしまい、乗客は救命ボートに乗り移ろうとしました。ところが、人数が多すぎて、何人かは岸まで泳いでいかなければなりません。どうやって説得するか。

イギリス人には
「ジェントルマンらしく行動してくれ」

ドイツ人には
「船長の命令である」

イタリア人には
「君は飛び込むな」

アメリカ人には
「保険に入っているから大丈夫」

日本人には
「みなさん、泳いでいますよ」

傑作なジョークですよね。いつも笑ってしまいます。

しかし、これはなかなか含蓄のあるジョークでもあります。つまり、人間は何によって動かされるかということなんです。

結局、人間はすべて合理的に行動しているのです。ただ、その合理性が他の人と一致しないだけなのだと思います。

その合理性とは、結局のところ価値観といえます。何を大事にしているか、ということです。

イギリス人は社会的名声をとても大事にしている。

アメリカ人は経済的利益をとても重視しています。

日本人は、組織の中での調和を重視しています。

これは人間の価値観の類型です。ですから、日本人のなかにも、イギリス人的価値観やアメリカ人的価値観をもっている人が当然おります。

ですから、説得のためにコミュニケーションを行おうとするとき、相手の価値観をしっかり認識しないと、まるで外国語で話しかけるようなことになりますね。

——————————————

人間の行動基準パターンとその理論を簡単に紹介しながら、応用として、歴史上の人物の行動分析を行っています。歴史上の人物には極めて強い個性をもっている人が多く、そのため特徴がはっきりでやすく、人間分析が比較的容易です。したがって、勉強材料としてとてもよいのです。

分析方法とともにケースもあります。ケースで扱っている人物は、南極探検家スコット、乃木希典、空海と最澄、ショパンとジョルジュサンドです。 いずれも、極めてユニークな個性の持ち主ですので、特徴がわかりやすく、理解しやすくなっています。

各人物には、それぞれ質問を用意してありますので、読者はそれを考えれば、一層人間分析の意味が理解できるでしょう。

立読み:こちらからどうぞ