ほめる訓練だけで会話がはずまないことは避けられる

commu_120602

コミュニケーション力がないということで、いろいろなスクールに出かけられている方がいると思います。

  • 何を話して良いかわからない
  • 会話になると相手がいつもつまらなそうにしている
  • 会話が弾まない
  • 暗い表情だと言われる
  • 質問が思い浮かばない

そういう人は、相手から何かを引き出してあげるつもりになればいいのです。

そこで、「オウム返し法」を学ぶ?

====

例えば、会話の相手がこう愚痴を言ったとします。

「昨日さあ~上司に怒られちゃってさ。。書類のミスが多いって・・・ 明日仕事いきたくねえよお」

このとき相手の言葉を繰り返すのだそうです。

「いきたくねえのか・・・」

自分の主観を全く入れずに、そのまんま相手の言葉を繰り返す。

相手が興奮していれば、ますます勢いづいて

「そうさ、もう顔も見たくねえよ、そもそもあの上司はさあ……」と話が続くかもしれません。おもいもよらぬ情報が聴けるかもしれません。

しかしねえ、いつもそんなにうまくいきますかねえ。そんな単純な方法で。

そんなことを言うよりは、いつも注意深くまわりの人間を観察しておいて、

「君にはこれこれこういう優れた点があるのに、あの上司は気がつかないのかねえ」とでも言った方が喜ばれるでしょう。

ほめる訓練をしていれば、こういうことはまったく苦にならなくできるようになります。

だいたい、会話が続かなくないときには、相手のよいところをほめればいいんですよ。

営業マンもおんなじ。顧客をほめる。ほめるところを素早く見つける。

ほめる訓練をつづければ、会話が続かなくて怖くなることも少なくなると思いますよ。

ほめる訓練はL研リーダースクールでは初等科および新設のコミュニケーション科で学ぶことができます。この通信講座では、いろいろなほめるバリエーションを学びながら、職場で実践訓練をしていただくようになっています。

コミュニケーション科はリーダーのためにコミュニケーション能力強化に特化したコースです。コミュニケーションの実践訓練と同時に、人間分析の考え方や実例を学ぶことができます。

—————————————————————————————-

7月人間分析法セミナーのお知らせ

日時:7月24日(木) 午後1時から午後4時
場所:東京 銀座会場(人数によっては会場を変更する場合があります)
定員:10名程度
費用:5,400円(税込み)
テーマ:人間分析法(感受性のタイプの理解)

人間分析法について、基本的なポイントを解説したのち、いくつかのタイプについて詳しく解説していきます。

詳細・お申し込みはこちらから

—————————————————————————————-

■関連資料:佐藤直曉著『リーダーの人間行動学』
人間の行動基準パターンとその理論を簡単に紹介しながら、応用として、歴史上の人物の行動分析を行っています。歴史上の人物には極めて強い個性をもっている人が多く、そのため特徴がはっきりでやすく、人間分析が比較的容易です。したがって、勉強材料としてとてもよいのです。

扱っている人物は、南極探検家スコット、乃木希典、空海と最澄、ショパンとジョルジュサンドです。 いずれも、極めてユニークな個性の持ち主ですので、特徴がわかりやすく、理解しやすくなっています。

各人物には、それぞれ質問を用意してありますので、読者はそれを考えれば、一層人間分析の意味が理解できるでしょう。
リーダーの人間分析講座,コミュニケーション力をつける-リーダーの人間行動学

立読み:こちらからどうぞ

■感受性メルマガ メルマガで感受性を解説しています。申し込みはこちら

—————————————————————————————-

■リーダーシップ向上に関する参考書籍 

佐藤直曉著『リーダー感覚――人を指導する喜び』(鳥影社)

本書はL研リーダースクールの通信講座初等科、中等科のメインテキストです。初等科では、人の心を動かす訓練としてほめる訓練を実践していただきます。この講座は、受講生に技術的アドバイスを行うとともに、受講生の成長を見守っていく実践型プログラムです。さらに、人間分析法として、人間の価値観10タイプの解説を動画で提供しています。

立読みはこちらからどうぞ

どんなときにも優しい言葉を:コミュニケーションの戦術

北辰一刀流の千葉周作は、合理的な人で有名でしたね。

多くの道場が神がかりの技を宣伝するとき、千葉道場はもっぱら技術オンリー、よけいな精神論を排除した稽古スタイルをとりいれていました。

たとえば、竹刀の活用がそれ。これでケガが少なくなり、稽古量が増えました。

竹刀は邪道という声にも屈せず、やがて他の道場で8年かかるところを千葉道場は3年でマスターできると評判になりました。

この千葉周作にはこんなエピソードがあります。

====

あるとき道場破りがやってきて試合を申し込まれました。

相手になったところ、なんのことはない、たいへん弱い相手。徹底的にたたきのめしました。

さて、ふつうなら、「馬鹿め」とか言って道場の門からたたき出すでしょう。

よく時代劇ドラマにそんなのがありますね。

ところが、千葉周作はそういう下手はしない。

なんと、別室にその相手を招いて、ごちそうをふるまうのです。そして、

「貴殿の技には驚嘆いたしました。天下広しといえどもあのような技を見たことはありません。今日はよいものを見せていただきました。そのお礼と申してはなんですが、さあ、どうぞ召し上がってください」

とか言っちゃって、酒でも呑ます。

なぜ、千葉はこんなことをしたのか。

「あとで恨みをかったら災いになる。だから、叩いた相手には必ずこうやっておくのだ」と門弟に言っていたそうです。

これぞコミュニケーションの戦術です。

目的は試合に勝ち、そのために相手を激しく叩くこと。それはそれでいいのです。

しかし、コミュニケーションの戦術はそれによるデメリットをカバーしないといけません。

目的が激しいものであっても、それに呼応するかのように激しい言葉を浴びせたら、恨みをかってあとでブスッと刺されるかもしれません。

それを理解している者は、自らを守ることになる。

—————————————————————————————-

■リーダーシップ向上に関する参考書籍 

佐藤直曉著『リーダー感覚――人を指導する喜び』(鳥影社)

本書はL研リーダースクールの通信講座初等科Ⅰのメインテキストです。初等科Ⅰでは、人の心を動かす訓練としてほめる訓練を実践していただきます。この講座は、受講生に技術的アドバイスを行うとともに、受講生の成長を見守っていく実践型プログラムです。

立読みはこちらからどうぞ

 

—————————————————————————————

コミュニケーションスキルのなかで、最もベーシックで、応用範囲が広いスキルが、ほめる技術です。

ほめる技術を徹底的に行っていくのが、初等科Ⅰの講座です。L研リーダースクール初等科1

コミュニケーションが下手と悩む人は幸いなり

コミュニケーションをとるのが難しい人というのは、いくつかタイプがあると思います。

内向的だとか、話題がない、という人は、訓練しだいで比較的簡単に直すことができます。

むしろ難しいのは、外交的な人の方でしょうか。

俺が、俺がと、全面に出たがる人はほとんど人の話を聞かない傾向があります。しかし、こういうタイプは、コミュニケーションをとることにそれほど困難を感じていないでしょう。そもそもコミュニケーションについて、それほど価値を置いていないように見えます。

====

私はある組織に依頼されて、関連の子会社にインタビューに行ったことがあるのですが、そのときその組織のトップも一緒についてくることになりました。

さて、インタビューが始まると、私が子会社の人に質問すると、この人がしゃしゃりでて「こうあるべきだ」などと、滔々と話し出すのです。

インタビュー1時間か2時間のうち、80%はこの人がしゃべっていましたから、インタビューはぶち壊し。何のためにはるばる大阪まで行ったかわからないありさま。まあ、憎めない人なんですけどねえ。

一匹オオカミの人、意固地な職人タイプの人もコミュニケーションは難しいですが、それほど必要を感じていないでしょう。我が道を行く、我田引水の塊のような人ですから、コミュニケーションなどある意味どうでもいい。自分がいつも正しいと思っています。

自分じゃコミュニケーションをしっかりとっているつもりでも、全然とれていない人もいます。会話をよく聞いていると、なんのことはない、自分の言いたいことだけ言っているのです。なんとも能天気、幸せな人です。

こんなふうに、コミュニケーションなどとらなくても平然としている人に比べて、コミュニケーションをとらなければと考えている人は、気が優しいというか、人がいいというか。

コミュニケーションに困ったら、相手を観察して相手のよいところをほめればいいんですよ。そうしたら、相手は喜んで勝手にしゃべってくれます。

私のところのL研リーダースクールではほめる訓練のコースがあります。奥は結構深いですよ。

 

—————————————————————————————-

コミュニケーションスキルのなかで、最もベーシックで、応用範囲が広いスキルが、ほめる技術です。

ほめる技術を徹底的に行っていくのが、初等科Ⅰの講座です。
L研リーダースクール初等科1

—————————————————————————————-

■リーダーシップ向上に関する参考書籍

佐藤直曉著『リーダー感覚――人を指導する喜び』(鳥影社)

本書はL研リーダースクールの通信講座初等科Ⅰのメインテキストです。初等科Ⅰでは、人の心を動かす訓練としてほめる訓練を実践していただきます。この講座は、受講生に技術的アドバイスを行うとともに、受講生の成長を見守っていく実践型プログラムです。

立読みはこちらからどうぞ

感受性分析は人間関係をよくする最後の知識

人間には相性というものがあり、なかなかしっくりいかない人、あった瞬間に通じ合える人、というのがあるのは事実です。

リーダーとサブリーダー、リーダーと部下、教師と生徒、どんなケースでも相性が影響を与えます。

相性の悪い人に対応する場合は、まず相手の行動基準を把握することに努めるべきです。

相手が「こういう人なのだ」とわかれば、腹の虫もおさまりやすいでしょう。また、対策もたてやすくなります。

====

たとえば、信長はたいへん猜疑心の強い人でした。あるとき信長の命令に秀吉は違反した。

このとき、秀吉配下の蜂須賀小六あたりは、恐怖にとらわれたそうです。

秀吉は、城の門をあけて、どんちゃん騒ぎをしたそうです。下手に門を固く閉じて謹慎の姿勢でも示そうものなら、戦う準備をしていると疑われてしまいます。

秀吉の人間察知力は相当なものだったのでしょう。なにしろ、信長の下で生き延びたわけですから。

一方、相性がよいというのも、実はケースバイケースということがよくあります。

たとえば、家族のように密接につきあうのはどうもいやだが、仕事ではお互いがカバーできると認めている。だから、あえて距離をとり、仕事の仲間として付き合うということもありえます。

というより、実際はこういう例の方が多いかもしれませんね。

よい人間関係とは、密着した関係でなければいけないように思う人がいるかもしれませんが、適当に距離を置いた方がよい関係があることも知らないといけません。

この場合も、行動基準を把握すれば、どのような関係がベターかが理解しやすくなります。

人間の行動基準とは究極的にはその人の価値観そのものでもあるわけです。したがって、我々はそれを素早く的確につかむ訓練をすればよいことになります。

これに関してはすでによい理論があるので、これを勉強していけばかなりのレベルまで達します。

簡単に言えば、人間の行動基準は10種類です。 そのなかのいくつかを紹介しましょう。

 
・理論とか理屈が好きで、名誉に敏感なタイプ
・好き嫌いの感情で行動するタイプ
・利害とか損得勘定で行動するタイプ
・勝つか負けるかで行動するタイプ
・愛の感情で行動するタイプ

相手がどのタイプかわかるようになると、営業でも対人折衝でも、とにかく非常に楽になります。 といっても、これはかなり奥が深いものです。それぞれについて、細かい行動分析、体形、かかりやすい病気などが知られています。

勉強する価値はおおいにあります。

ここをお読みください。 私の言っていることのイメージが多少つかめると思います。

—————————————————————————————-

■人間分析に関する参考書籍

佐藤直曉著『リーダーの人間行動学』は、人間の行動基準パターンとその理論を簡単に紹介しながら、応用として、歴史上の人物の行動分析を行っています。歴史上の人物には極めて強い個性をもっている人が多く、そのため特徴がはっきりでやすく、人間分析が比較的容易です。したがって、勉強材料としてとてもよいのです。

扱っている人物は、南極探検家スコット、乃木希典、空海と最澄、ショパンとジョルジュサンドです。 いずれも、極めてユニークな個性の持ち主ですので、特徴がわかりやすく、理解しやすくなっています。

各人物には、それぞれ質問を用意してありますので、読者はそれを考えれば、一層人間分析の意味が理解できるでしょう。

リーダーの人間分析講座,コミュニケーション力をつける-リーダーの人間行動学

立読み

あてこすりする人に対して

私があるコンサルティング会社の社長といっしょに仕事をしていたときのことです。

私は主にコンサルティングの実務を担当し、彼は顧客との折衝を行うという具合に、役割分担が決められていました。

ある顧客との会合が行われる二週間ほど前、彼と私は打ち合わせを行いました。そして、私は企業買収を提案したのです。ところが、彼は即座に棄却。これでこの件は打ち切り。

さて、顧客との会合が始まり、話は順調に進みました。それで、ひと段落着いたので、私は何気なく、買収の件を口に出してしまったのです。彼が棄却していたことを、うっかり忘却していたわけです。

====

すると、この顧客はたいへんに興味をもち、話にのってきました。これに対して、彼は当惑して、複雑な顔をしておりました。

それから、しばらくして、社内会議が行われ、私がある提案をした。さっきの件とは全然関係ない話です。まわりにいた人たちは、いい意見だと言ってくれました。そのとき、彼が言いました。

「佐藤君は、いい事を言う。一ヶ月に一度くらいだがね」

周りの人はうまい冗談だと思い、笑っておりました。でも、これは完全なあてこすり。

こういうとき処理を誤ると、次第に両者の溝が深まっていくんですね。よく考えてみれば、彼は私を怒りたいのに、それをじっとこらえ、あてこすりによって自分の感情エネルギーを発散させようとしているわけです。

そこを察しないといけませんね。あてこすりにすぐ反発するようでは、サラリーマンはやっていけませんよ。

この人は、少々頭にはきているが、だからといってそれ以上のことはしたくないと思っている。自分の戦力を自分から捨てることは簡単にはできませんよね。だから、仕方なくあてこすりで我慢しているわけです。

ですから、こちらもそこを察して、この次は、彼がふたたび顧客の前で華麗なプレゼンができるようにお膳だてすればいいのです。そうすれば機嫌を直してくれるでしょう。

まあ、子供みたいなもんだけれど、リーダーにはそういう人って結構多いのではないかと思うんですよ。

リーダーであろうがなかろうが、大人になったほうが勝ちです。私はそう思っています。でも、そこまでして宮仕えをするのは、こりごりだとも思うわけです。

引用:佐藤直曉『リーダーの暗示学

※しかし、相手がなぜあてこすりをするかがさっぱりわからない人は、困るだろうなと思います。そこは、相手の心をある程度読めるように訓練しないといけませんね。

相手の心理を読む練習をすればだんだん見えてきます。

それには、L研リーダースクールの初等講座を受講して訓練するのがいちばん。(^_^)

社内での人付き合いの難しさ

gooの「こんな上司にはついていけない!」と思う上司ランキングによると、

1位:部下の評価に自分の「好き嫌い」が入る

2位:自分の間違いを認めない

3位:部下が失敗したとき責任をとらない

4位:気分屋

5位:人の話を聞かない

誰しも相性というのがありますから、どうしても好き嫌いが入るのは仕方ないのかもしれません。

感受性を学ぶと、こういう問題はかなり軽減されるのではないかと思います。====

大雑把にいうと、人間には10種類の感受性があります。

これは人間を学ぶにはとてもよいものです。

いろいろなことがありますが、こんな例もあります。

ある人がこんな質問を野口晴哉先生(感受性についてまとめた方。整体協会創始者)にしました。

「うちの子供はバイオリンの稽古がどうも熱心でない。そこで、バイオリン学校にバイオリンをもたせず通わせたら、稽古熱心になるのではないか。どんなものだろう」

変わったことを言う親ですが、それに対する野口先生の答えです。

「9種の子供なら、親を恨むだろう」

9種は執念深いので、恨まれたら一生恨まれます。気をつけないといけません。

ちなみに、人間のタイプを1種から10種まで分類しています。顔の形、体形、運動特性、姿勢、性格、かかりやすい病気、好きな相手(相性)などがタイプ別にまとめられています。

「前後型5種や捻れ型7種、8種の子供なら、クラスが稽古できないように暴れるだろう」

まあ、学級崩壊のようなことをするというわけです。両タイプとも行動的なタイプですので、暴れて手がつけられなくなるかも知れません。

「上下型1種、2種の子供だけが、唯一、自分が参加していなくても、人が演奏しているのを楽しんで聞くことができる」

L研リーダースクールの通信講座では、初等科でコミュニケーションスキルとともに、感受性をお教えしています。

感受性分析についてはこちらも参考にしてください

ぜひ勉強して下さい。そうすれば、上司に少なくとも目の敵にされることはなくなるはずです。

その逆に、使いにくい部下の苦労も、少しずつ解消できるでしょう。

「仕方ない奴だ」と腹の中で笑ってすますぐらいにはなれます。精神衛生上、とてもよろしい。