新任リーダーが学ぶこと

「自分ひとりで作業するのはいいのですが、チームをまとめる力なんかありません……」

このように、引っ込み思案なメンバーも会社の中にはいるでしょう。

では、そのような人がリーダーシップを発揮するにはどうしたらいいでしょうか。

リーダーの役割が何かを考えればいいでしょう。

L研リーダースクールでは、リーダーシップを、以下のように定義しています。

自分の考えを部下にうまく伝えながら、部下に気持ちよく動き働いてもらえる能力

====

これを分解すれば、リーダーシップには二つの要素があることになります。

ひとつは自分の考え

これについては、チームの目標は何かを定め、それを達成するためにはどのような対外活動(上司や隣の部署などとのつきあい)が必要かを考える必要があります。

もうひとつは、チームメンバーとの信頼関係

自分の考えをうまく伝えて、気持ちよく働いてもらうためには、信頼関係が不可欠。

これができるようになるには部下の心を動かす訓練をすればいいのです。

もし、この部分を強化したいと思うなら、L研リーダースクールの初等科1と初等科2がお薦めです。

初等科1はほめる訓練が中心です。ほめる訓練によって、相手との共感能力がぐっとアップします。

初等科2では、ほめる訓練の応用を行います。説得の訓練、叱る訓練、認める訓練です。

それほど難しいことではありません。あるパターンを覚えればできます。むしろ、コッコツ実践を続けて、経験値を高めることの方が大事です。

—————————————————————————————-

■リーダーシップ向上に関する参考書籍

佐藤直曉著『リーダー感覚――人を指導する喜び』(鳥影社)

本書はL研リーダースクールの通信講座初等科Ⅰのメインテキストです。初等科Ⅰでは、人の心を動かす訓練としてほめる訓練を実践していただきます。この講座は、受講生に技術的アドバイスを行うとともに、受講生の成長を見守っていく実践型プログラムです。

立読みはこちらからどうぞ