コミュニケーションでは空想を促す言葉を用いる

人間の心は、空想を引き起こす言葉に強く影響を受けます。ですから、言葉を用いることを仕事にするリーダーは、常にその効果を考える必要があります。

言葉の選択はコミュニケーションにおいて、特に重要です。

ためしに、次のペアのなかのどちらの文がより深い印象を与えるか、考えてみてください。

「オリンピックの代表に選ばれた」

「北京行きの切符を手に入れた」

「お宅には金目のものが全然ありませんね」

「お宅は泥棒に狙われる心配がなくていいですね」

「今年中に結婚したいものです」

「来年の年賀状は連名で出したいものです」

「あの人はとても元気だった。しかし、それから三日後、容体が急変して死んだ」

「あの人はとても元気だった。しかし、それから三日後……」

引用:佐藤直曉著『リーダーの暗示学』