コミュニケーションの問題に似て非なる問題

新年あけましておめでとうございます。

しばらく更新がとどこおっていましたが、今年から毎週水曜日に更新することにいたしました。

ということで、本年もよろしくお願い申し上げます。

今年のL研リーダースクールでは、初等科2が売りです。

新たに動画を作り直しました。内容的にはかなりハードになっています。

テーマは3つ。説得の技術、認める技術、欠点を指摘する技術です。

それぞれ3週間、職場で実践していただきます。

とにかく一つでもやってみれば、得るところは大きいでしょう。

だんだん、コミュニケーションの感覚が鋭くなってきます。

====

コミュニケーションスキルだけを練習してもあまり効果はないといえます。

人間行動はどういうものか、その本質を知ることができれば、スキルなんか忘れたってふつうにできるようになります。

それを小手先のスキルばかり覚えて真似しても、応用力はつきません。

ヒューマンスキルの勉強で難しいのは、教える人と教わる人が環境がまったく違うこと。

そして、相手にする人も違ってきます。

有名大企業の社長の講演を零細企業の社長さんが聞きに行っても、あまり役に立たないのと同じですね。

環境が違うのですから、同じことをやってもあまりうまくいくはずがない。

いけいけどんどん型のトップセールスの方法を、おとなしくて内気なセールスマンが真似をしても劣等感を感じるだけでしょう。

トップセールスのような行動力があるはずないですから。

ですから、自分なりにアレンジしないといけません。そのときは、スキルのコンセプトをきちんと理解している必要があります。

そこさえはずさなければ、応用は自在です。

さて、今日はコミュニケーションスキルの問題かそうでないかを考えてみましょう。

コミュニケーションが下手な部長?

ある大企業の役員さんは部下のB部長のことで頭を痛めておりました。

「B君は私のために骨身を惜しまず、こまめに働いてくれる優秀な人間なのに、どうも部下を生かして使っていないように思える」と考えました。

彼は部下に対してもこまめに指示を出し、部下の行動に気遣っているように見えました。

しかし、彼が時々声を荒げるような状況を見るに付け、「どうも彼はコミュニケーションがうまくないようだ」と気付きました。

そこで彼をコミュニケーションの教育で有名なある研修セミナーに参加させることにしました。

しかし、果たしてこれはコミュニケーションの問題でしょうか?

Bさんは、上司の気持ちを推察し細かく心使いをし、仕事上の報告を手落ちなくこまめに正確にしています。これを見るかぎり、どうしても彼がコミュニケーション下手とは思えません。

一方、Bさんは部下に対して仕事の最終目標を明確に伝えていません。

さらに仕事上の問題の周辺事情を、意図的に最小限度しか伝えていません。

つまり、Bさんは自分の持っている情報を出来るだけ胸にしまい、部下には全ての情報を教えないようにしているのです。

その結果として、部下は長期的で広い視野に基づく判断が出来ず、混乱しています。

Bさんは部下の指導を会社のためにしていると言うよりは、情報をコントロールすることで、彼自身の地位を強めようとしているのです。

ーーーーーーー

問題の本質がどこにあるのか、常に考えないといけませんね。

 

—————————————————————————————-

■リーダーシップ向上に関する参考書籍 

佐藤直曉著『リーダー感覚――人を指導する喜び』(鳥影社)

本書はL研リーダースクールの通信講座初等科1、初等科2のメインテキストです。初等科1では、人の心を動かす訓練としてほめる訓練を実践していただきます。この講座は、受講生に技術的アドバイスを行うとともに、受講生の成長を見守っていく実践型プログラムです。

立読みはこちらからどうぞ

—————————————————————————————

コミュニケーションスキルのなかで、最もベーシックで、応用範囲が広いスキルが、ほめる技術です。

ほめる技術を徹底的に行っていくのが、初等科1の講座です。L研リーダースクール初等科1

 

—————————————————————————————

コミュニケーションスキルのなかで、高度なスキルを練習する応用講座が、初等科2の講座です。

L研リーダースクール初等科2